2005年08月14日

2戦目も快勝!U16日本代表の夏。豊田国際〜!

8月13日(土)に行われた豊田国際2戦目の結果でっすぅ!
第一試合
U-16日本代表 3-0 U-16メキシコ代表
前半 3-0
後半 0-0
●得点
16分 FW 長谷部彩翔(アルビレックス新潟ユース)
30分 MF 鈴木 惇(アビスパ福岡U-18)
32分 FW 中野裕太(サンフレッチェ広島FCユース)

無失点で、グループAを1位通過〜!1戦目、ロシア代表に5-0で勝ったものの
「参考記録って考えてた方がいいのかも??」と思っていたのですが、
なんかよさげなカンジじゃないですか〜。

U16日本代表のメンバー表はここにありまっすぅ。


第二試合
U-16アメリカ代表 0-0 U-16韓国代表
前半 0-0
後半 0-0

*************************************
8月12日(金)に行われていた試合は、こんな結果。
第一試合
U-16名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜 3-3 U-16韓国代表
前半 1-1
後半 2-2
●得点
06分 ジュソンファン(U-16韓国代表)
39分 中田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
44分 キムジョンヒョン(U-16韓国代表)
49分 津田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
55分 中田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
59分 ジュソンファン(U-16韓国代表)

おおお〜!初戦、アメリカ代表とも接戦をやり、1-2で惜敗していた選抜チーム。
追いつかれちゃっての引き分けかあ…。でもすごい、がんばってます!

第二試合
U-16ロシア代表 3-2 U-16メキシコ代表
前半 2-1
後半 1-1
●得点
28分 フォーミンセミョーン(U-16ロシア代表)
30分 サウルサンドヴァル(U-16メキシコ代表)
34分 シェルバックデニス(U-16ロシア代表)
46分 カシーエフアミール(U-16ロシア代表)
66分 エドガールパチェコ(U-16メキシコ代表)

名前と名字の分け目がついてないのは、ラン☆カンの趣味って訳じゃありません…(汗)
***************************************

得点ランキングもあります〜!
2ゴール
  MF 清武弘嗣(大分トリニータU-18)
  FW 谷島央規(横浜F・マリノスユース)
  FW 中野裕太(サンフレッチェ広島FCユース)
  ジュソンファン(U-16韓国代表)
  中田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
  
  
1ゴール
  FW 長谷部彩翔(アルビレックス新潟ユース)
  MF 鈴木 惇(アビスパ福岡U-18)
  ジョズマーオルティドア(U-16アメリカ代表)
  マイケルベイツ(U-16アメリカ代表)
  キムジョンヒョン(U-16韓国代表)
  フォーミンセミョーン(U-16ロシア代表)
  シェルバックデニス(U-16ロシア代表)
  カシーエフアミール(U-16ロシア代表)
  羽根田(U-16名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
  津田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
  エドガールパチェコ(U-16メキシコ代表)
  サウルサンドヴァル(U-16メキシコ代表)


8月14日(日)今日は、いよいよ最終日、順位決定戦 でっすぅ。

12:30  5位決定戦  U16メキシコ代表 - 名古屋グランパスエイト・愛知県豊田市高校選抜

14:30 3位決定戦  U16ロシア代表 - U16韓国代表

17:00 優勝決定戦  U16日本代表 - U16アメリカ代表
posted by ラン☆カン at 08:37| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | U18は2007大会をめざしてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外組のここ最近は…

◆ヒデ@ナカータ@中田英寿@ボルトン

「ナカタが好む車を用意する。寿司が食べたいというのなら用意することもできる。今、彼が好むものを調査中だ」
ボルトンのサム・アラダイス監督のコメント。じゃあ、お菓子と漫画と高級ブランド品を用意してもらおうかな…(笑)。推定年俸100万ポンド(約2億円)だそうです…ステキ♪

「ヒデが(望んでいた)イングランドへ行けるというのが一番うれしい。プレミアでやることでひと回り大きくなる。ヒデと(中村)俊輔が(英国で)大活躍してくれるのが楽しみ」
サブちゃん@川淵三郎キャプテンのコメント。イナ@稲本潤一もいますけどね。

「入団会見も英語でやるだろう。海外で活躍するには語学ができなきゃダメ、ということを(子供たちが)学ぶんじゃないかな」
これもサブちゃん。U-17の海外遠征の頃、英語でメニューを注文するヒデに、俺のも頼んで、と言った同輩は「自分でやらないとためにならないから」と断られたという逸話もありますね…。

「なるべく早く家を探した方がいい。安定したベースがあってこそサッカーに専念できる」
「新加入選手は言葉をまず覚える必要がある」
「うちのペースに慣れないといけない。テンポの速い攻撃を仕掛けるので、ボールを持ちすぎるとよくない。全員が守備も積極的にこなしている」
「オレに手伝えることがあれば、何でも気軽に言って欲しい。外国人の悩みは外国人が一番分かる」

オコチャ@ボルトン主将のヒデへのアドバイス。あんまり必要ないかもしれない(笑)。食事の美味しい店でも紹介してあげてください。オコチャとは右MFの座を争うことになるかもです。ちなみに、ヒデとオコチャの出会いはアトランタ五輪まで遡ります。96年7月23日の予選リーグ第2戦の対ナイジェリア。2-0で負けましたが当時としては五輪出場自体が28年ぶりだったわけだし、ブラジルには勝っちゃうし凄かったのよん! 揉め事も色々あったけれど…ね、西野さん?

「英語が上手なだけでなく、(教養、人間性など)あらゆる面で魅力がある。サッカーの技術面だけでなく個性すべてに感銘を受けた」
アラダイス監督のコメント。プレーも凄いけど個性も凄いからね…。就労ビザは無事取得でき、あとはメディカルチェックだけ。契約は15日辺りだそうでっすぅ。

◆ソウタ@平山相太@ヘラクレス

「もう何でも食べられるよ。日本食があったら食べたい」
アテローマは手術して良くなってきたそうでっすぅ。11日に、無事ヘラクレスと3年契約を交わしました。推定年俸は34万ユーロ(約4590万円)。結局、フェイエノールトの練習に参加している最中に声を掛けてきたヘラクレスと契約したわけですね。オガサやフクが海外に行きたくてもいけない状態になのに、ソウタはあっさりと…このままだとJに入らない高校生が増えてしまいそう(泣)

「アマチュアからプロへ、これからいろいろなことが待ち受けていると思いますが、アディダスと共に世界のトッププレーヤーを目指し、成長していきたいです」
アディダス・ジャパンとスポンサー契約もしちゃいました! Jには収まりきらない器だったのか…?! え〜と、スパイクはベッカムやツネ様と同じ『プレデターパルス』だそうです。

◆シュンシュン@中村俊輔@セルティック

「彼の左足は魔術だ」
セルティックのFWハートソンのコメント。そのせいか地元紙では“東洋の魔術師”などと言われているそうです。東洋の魔女のパクリ? 2戦目のフォルカーク戦ではそのハートソンにアシストもして、3-1でまた勝ちました〜♪ 試合前に2日も練習を休んだのにね…。次は20日、レンジャーズ戦。グラスゴー・ダービーなんだそうだ。

◆ヨシト@大久保嘉人@マジョルカ

「子供の顔を見れたから頑張れる。相当、可愛いかった」
クペル監督の心遣いで(?)一時帰国していたヨシトは10日マジョルカに戻りました。7月18日に生まれたばかりの長男、、碧人(あいと)君の写真を持ち歩いているらしいよ〜。

◆イナ@稲本潤一@ウエストブロムウィッチ

「イナのパフォーマンスには満足。全力で貢献してくれた」
ロブソン監督のコメント。13日の開幕戦、マンチェスターCとの試合に初めてスタメン出場しました〜! 昨年5月に怪我して以来、なかなか戻らなかったけれど、今は「いいコンディションをキープできている」と本人もご満足。W杯のメンバー争いの前に治してくる当たり…さすがですね?! 試合は0-0で引き分けましたが、イナはフル出場!

◆タカ@高原直泰@ハンブルガーSV

「ケガもあったし、まだ先発で起用しないという話をした。焦らずに落ち着いて(体調を)上げていけばいいと言われている」
13日のビーレフェルト戦はスタベンで出番はなしでした…。ケガ人が2人も出ちゃったから、しょうがないんだけどね…。チームは開幕2連勝です。

◆ヤナギ@柳沢敦@メッシーナ

「セリエA登録はサポーターと一緒に喜んだ。開幕まであと2週間。今年はサイドでプレーさせてくれると思う」
というわけで、今年はどうやら右サイドでプレーすることになりそう。「まあ、自分はFWの方が生かせると思いますけど、いろいろありますから」と、ご本人も納得…なのかな? チーム事情ってヤツですね。試合に出ていればそのうちチャンスは来るものですよね?

******************************

◆オガサ@小笠原満男@鹿島アントラーズ

オガサのレッチェ問題はこちら。

9日の話し合いの後、
「頭を下げて移籍をお願いした。だけど、そこまでしたのにチームはダメだと言い続ける。本来ならば向こうが残ってくれと頭を下げるべきなのに。今回のチームの対応にはがっかりしました」
などと納得いかない様子だったオガサです…。

11日、鈴木満強化部長と2度目の話し合いを行いました。約2時間に亘ったそうです。

「(レッチェに)行きたいというのが正直な気持ち。自分が望んでいることは、レッチェサイドが来て交渉に入ってくれること。席には着くと言ってくれた」

「選手には仕事先を選ぶ権利があると思う。高い評価をしてくれるところがあれば、そっちに行きたいというのが選手の気持ち」

「レッチェが本当に欲しいという気持ちを伝えてくれて、いい方向に話が進むのを待つしか方法はない」

「チームというより、満さんと人として1対1でいろいろ話した」

「頑張ってくれたし、いるメンバーでやるからお前は向こうに行ってもいい、と言ってほしかった。できることはやった」

「鹿島の気持ちを動かせるには、それしかない。あとはどちらになっても、自分は精いっぱいやるだけ。最終的にここ(鹿島)に残っても、一生懸命やりたい気持ちはある」

「このまま終わるのは残念。チーム間同士で1日でも早く」

「明日のことは分からないです」


ペトリッカさん曰く(?)、年俸は6000万円(推定)とのこと。レッチェが金額面での条件をクリアできているのかどうかは疑問です。
ですが、鹿島側から「(移籍金などの)条件は全く関係ない。(理由は)シーズン中だから」というコメントも出ているので、前回の中田浩二@マルセイユほどは酷くないのではないかという気もしてしまう…のですが。よくわかりません。

ただ、7月29日、オガサが東アジア選手権のために韓国に発った日に、鹿島はレッチェに断りのFAXを出しています。果たして、オガサはこのことを事前に知っていたのかどうか…(知らなかったんじゃないかな〜という気がしてしまいまっすぅ)。
この件に関しては、「この時期に移籍させるのは駄目と、(レッチェ関係者が)わざわざ来日する前に言わなければマナーに反する」とのコメントが出されています。う〜ん、わかるよ〜な、わかんないよ〜な…マナーとか言うけれど、結局チームはオガサを離したくない、それだけなんだよね。

「今年優勝するためにお前の力が必要なんだという話をした。あと3カ月たったら、考えを尊重するから頑張ってほしいと伝えた」

「オファーがあったら開示して話は聞く。しかし、オファーがきたら行ける、という認識の違いはあったかもしれない」

「来たらいくらでも話をする」


こちらは鹿島サイドのコメント。話はするけどシーズン途中では行かせてくれないわけです…(去年もそうでしたね)。ただ、鹿島側はラツィオの話があった去年から、一貫して同じ主張(シーズン途中はダメ)を繰り返しているので、それでも行けると思うオガサもちょっと…?

ペトリッカさんは職業は代理人だけれど、オガサと代理契約は結んでいないようです。
移籍先を探す委任契約、に留まっているようです。
ペトリッカさんとは別に、オガサは日本人の代理人を探したほうがいいような気がします…(泣) オガサがやっているのは、交渉とは言えませんから。

どちらにしろ、オガサがこの夏にレッチェに行くことはかなり厳しいようです。鹿島サイドは態度がはっきりしていますから。温情で行かせてくれる…ということにはなりにくそうです。
ということは、オガサは来期の契約を更新しないでしょう…。
posted by KANKAN at 08:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 本日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。