2005年08月15日

準優勝でした…。U16日本代表・豊田国際。

U16日本代表たちの夏の前半戦、第6回豊田国際ユースは、8月14日最終日に
2万人の観客を豊田スタジアムに集めちゃいました。

a2.jpg

んで、2万人の「ニッポン!」コールが響き渡る中おこなわれた
優勝決定戦なんですが…

U-16日本代表 1-2 U-16アメリカ代表
前半 1-1
後半 0-1
●得点
13分 ジョズマーオルティドア(U-16アメリカ代表)
34分 MF 山本康裕 やまもとこうすけ(ジュビロ磐田ユース)
42分 エドガーバラハス(U-16アメリカ代表)

あああ…負けちゃったああ…日本、準優勝です…

05toyota_final.jpg
☆写真は「中日スポーツ」さまからお借りしてしまいました…すみません…
今大会のMVPは、決勝勝ち越し弾を決めたアメリカ代表、エドガー・バラハスくん(16)でした!


2大会ぶりの優勝に手が届かなかったU16日本代表。
「ルーズボールの取り合いでは完全に負けていた。ファーストタッチ、
パスのスピードなど、すべての面での強化が必要」

というのは、城福浩監督のコメントです。う〜ん…すべての面かあ…
でも、U16たち最後までがんばってたみたいです。
試合終了のホイッスルを聞いたとたん、みんなその場に崩れ落ちちゃったとか(泣)
監督はこうも言ってます。
「選手にはこの経験を忘れず、財産にしてほしい」
そうだよ、悔しさもいつかは財産になるよ!

日本の得点はアメリカDFの自陣ゴール前クリアを、MF山本康裕くんが胸トラップして
そのまま強烈にたたき込んでゴール!!会場に歓声が沸き上がり、
今大会初めての「ニッポン」コールを呼び起こしたそうです。
後半2分に勝ち越し点を取られた後、MF清武弘嗣くん、柿谷曜一朗くんたちが
懸命に攻め込んだけど、最後までゴールは割れず…
U16日本代表は、豊田国際の後すぐに北海道国際があるため
違う2チームが編成されています。なので、アメリカと優勝を争った彼らの
代表としての夏は、いったんここで終了になります。

とりあえず、いっぱい食べて、いっぱい寝ておけ〜!(笑)
あ、宿題もやんなきゃね。

U16日本代表のメンバー表はここをクリック〜。


その他の結果でっすぅ。****************************
[3位決定戦]
U-16ロシア代表 5-1 U-16韓国代表
前半 1-0
後半 4-1

[5位決定戦]
U-16メキシコ代表 2-2 U-16名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜
  PK4-2
前半 2-2
後半 0-0
●得点
01分 ネストールディアス(U-16メキシコ代表)
09分 花井(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
21分 エドガールパチェコ(U-16メキシコ代表)
37分 花井(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)

んんん?面白そうかもって期待してたメヒコ代表。
結果はちょっとしょぼ〜んだったけどプレーっぷりはどうだったんだろう?
この試合で2得点の花井くんは、これでゴールランキング1位タイになりました!
ん、1位は合計10人いるんだけどね…

**************************************
総合順位
1位 U-16アメリカ代表
2位 U-16日本代表
3位 U-16ロシア代表
4位 U-16韓国代表
5位 U-16メキシコ代表
6位 名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜

**************************************
得点ランキング
2ゴール
  ジョズマーオルティドア(U-16アメリカ代表)
  MF 清武弘嗣 きよたけひろし(大分トリニータU18)
  FW 谷島央規 たにしまひろき(横浜F・マリノスユース)
  FW 中野裕太 なかのゆうた(サンフレッチェ広島FCユース)
  フォーミンセミョーン(U-16ロシア代表)
  ブルドュニコフアレクサンドル(U-16ロシア代表)
  ジュソンファン(U-16韓国代表)
  エドガールパチェコ(U-16メキシコ代表)
  中田(名古屋グランパスエイト・愛知県豊田市高校選抜)
  花井(名古屋グランパスエイト・愛知県豊田市高校選抜)
  
  
1ゴール
  エドガーバラハス(U-16アメリカ代表)
  マイケルベイツ(U-16アメリカ代表)
  FW 長谷部彩翔 はせべあやと(アルビレックス新潟ユース)
  MF 鈴木 惇 すずきじゅん(アビスパ福岡U18)
  MF 山本康裕 やまもとこうすけ(ジュビロ磐田ユース)
  モーチャリンパヴェル(U-16ロシア代表)
  シェルバックデニス(U-16ロシア代表)
  カシーエフアミール(U-16ロシア代表)
  ベブーヒアレクサンドル(U-16ロシア代表)
  キムジョンヒョン(U-16韓国代表)
  チェウリ(U-16韓国代表)
  サウルサンドヴァル(U-16メキシコ代表)
  ネストールディアス(U-16メキシコ代表)
  羽根田(U-16名古屋グランパスエイト・愛知県豊田市高校選抜)
  津田(名古屋グランパスエイト・愛知県豊田市高校選抜)

posted by ラン☆カン at 20:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | U18は2007大会をめざしてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代表組は本日招集! ヨシカツ誕生日おめでっと〜!

田中達也・坪井慶介がイラン戦を辞退
タツヤ@田中達也は直前まで「だいぶ走れる。良くなってきている。間に合わせたい」と言っていたんですが、浦和とたっじまん@田嶋幸三技術委員長が話し合って決めたそうです。ムリして悪化させたら元も子もないからね…。追加召集はどうなるかな?

「痛みも腫れもある」
よっちゃん@川口能活が13日に行われたナビスコ準々決勝第2戦の千葉戦で左膝を打撲しました…。イラン戦への影響はまだはっきりしていませんが…。とにかく30歳の誕生日おめでとう!

「雨がかなり降っていたので狙っていた。いいタイミングで決めることができて良かった」
ユウキ@阿部勇樹がナビスコ横浜戦で、直接FKを決めました〜! 決められたよっちゃん@川口能活は「スリッピーで、ギリギリのところでボールが変化した…でも負けは負け」と悔しそうに仰ったそうです。

「代表入りで、周りの自分を見る目が変わってきているからこそ、従来通り、自分らしくやりたい」
まきまき@巻誠一郎も得点しました〜! 準決勝は浦和と当たりま〜す。

「今日対戦して、あらためて気力をもらった気がします」
まきまき@巻誠一郎が目標とする選手は、磐田のゴンちゃん@中山雅史でっすぅ。

「おまえのポジションはどこだ」
14日に行われたナビスコ準々決勝第2戦、横浜‐大宮戦のハーフタイム。前半、攻撃に参加しすぎたマツ@松田直樹に、岡ちゃん@岡田武史監督が怒鳴ったそ〜です。マツはすぐ上がっちゃうからね…(笑)。準決勝の相手はオシム@千葉でっすぅ。

「11人対11人で90分やりたかった」
三浦俊也@大宮監督のコメント。横浜との試合で、前半5分にオクちゃん@奥野誠一郎が退場してしまいました…。クリスティアンはブラジルに帰っちゃってるし、負傷者も増えて「大宮には不幸な1週間だった」そう…(泣)

「つまらない試合をしてしまって…。ゴールはおまけみたいなもの」
ハセマコ@長谷部誠。1-0で清水を退け、4年連続準決勝に進んだ浦和。ご本人は納得いってないようですが、ブッフバルト監督は「安心してチームを任せられる。もう日本代表にいつ入ってもおかしくない」とベタ褒めでっすぅ。

「僕が頑張らないと、次にまた日本人を取らなくなるからね」
スコットランドにシュンスケ・フィーバーを巻き起こしているシュンシュン@中村俊輔。大人っぽいコメントをするようになりました〜。25番を付けるのは7年ぶりのシュンシュン(横浜での98年以来で99年から10番になりました)。横浜と言えば、彼は中学時代は日産FCジュニアユース(横浜の前身)だったのにユースに昇格できませんでした。桐光学園を経て、また横浜へ入団したんですよね…。過去に自分を拒絶したチームなんかに行きたくな〜いと思ったりはしないんだなあ。小さな頃からしっかりしてたのね…。

シュンシュン@NAK@中村俊輔が日欧友好の親善大使に!
以前、シュンシュンのファンクラブを作りたいとか言っていた、スコットランドの在エディンバラ日本領事館の高橋周平総領事が、『日・EU市民交流年』のマスコットに彼を指名したそうな。「彼の存在は大きいし、イベントにぜひ参加してほしい。無理でも私は常に彼を紹介する」と仰っています…無理でもって…ムリなら諦めてください(笑)

「タクシーに乗ると毎日毎日(レンジャーズ戦のことを)言われる」
シュンシュン@中村俊輔。次はダービーです! アウェーでも勝ち点3を狙いに行くそうです!

「1年後に完全移籍させるか(レンタル元に)帰るかのオプションは我々が持っている。フィオレンティーナとは話し合いがついている」
ボルトンのフィル・ガートサイド会長のコメント。ヒデ@ナカータ@中田英寿は今日(15日)ボルトンと契約する予定でっすぅ。今季の活躍しだいでボルトンに完全移籍となるわけですね。

試合中に銃保持の男11人が逮捕。
イングランド・チャンピオンシップリーグで、クイーンズパーク・レンジャーズの幹部を脅迫しようとしたそうです…。何を要求するつもりだったんだ?

「『せめてイエローくらいにして、おれの点にしてくれよ』って言いたかった」
松井大輔@ルマンはレアン戦で大活躍! 前半9分に相手DFに当たった跳ね返りをゴールしたが、主審はDFのハンドを取り一発レッドの判定。マツイのゴールは取り消されました…。で、上のコメントです。32分にアシストも決め、チームは4-0で初勝利!「1点目がなくなったのは悲しいけど、チームが勝ったことが一番うれしい。これで波に乗れたら」と喜んでまっすぅ。昇格チームなのに、上々の滑り出しですね。

「できれば今月下旬にはオランダで会いたいね」
フェイエノールトは開幕のNAC戦を2-0と勝利発進。上記はクーマン監督のシンジ@伸ちゃん@小野伸二に対するコメント。伸ちゃんは日本でリハビリ中。9月半ばには復帰できそうな様子とのこと。

ジャバリコルドゲシュラギ。
何の呪文かと思ったら、イランの注目選手だそ〜です。新鋭FWだそうですが、古株ダエイもまだ健在ですね…。
posted by KANKAN at 15:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 本日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準々決勝の相手はウルグアイ!ユニバ代表〜。

B組を「ETO」@衛藤裕のゴールで1位抜けした日本代表は、
C組の2位に決まった、ウルグアイ代表と準々決勝を戦うことになりました!
現地時間8月16日18:30キックオフ。

050811JPN-THA_4.jpg
☆使い回しですみません…。タイ戦の「ETO」くんでっすぅ。

日本のグループリーグは勝ち点9・得点4・失点1。
対するウルグアイは勝ち点6・得点8・失点3。
どちらのグループにも大量失点を喰らったチームが混ざってますがぁ…
日本は慎み深く欲張らず、必要最低限の得点だけで3連勝してしまいました(苦笑)
FW陣、ホントここらでひとつ点を取ってみませんか〜?
「ジュンゴ・ジュンゴ・ジュンゴ・ETO」のMF陣ですよぅ、点取ってるの。


ところでKANKANが下の記事コメント
「FIFAだとフェアプレイ・ポイント」が勝ち点・得失点・総得点が
同じになった場合に決着をつける方法だと教えてくれたんだけど、
ウルグアイ戦で8枚イエローをもらってるイタリアのフェアプレイ・ポイントが
決め手になった可能性は薄そうなので(笑)、
直接対決の勝者ってことになったのかな?

むむ。まさか噂の「トルコ・ルール」!?
posted by ラン☆カン at 14:22| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学生にも注目してみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュンゴ以外の得点者あらわる!ユニバーシアード、首位通過〜!

現地時間8月14日18時キックオフ。グループリーグ最終戦のロシア戦は
日本時間の15日午前0時に始まりました〜!

さあ、駒スポの出番だ!
たのんだ駒スポ!行け行け駒スポ!
…と、ヒトのふんどしで相撲をとってばかりなのもなんなので、スタメン表に
ユニバーシアード公式ページにアップされたデータをミックス!

***************************************************
12 GK 時久省吾 TOKIHISA Shobo 早稲田大3年 大津高 (1試合90分出場)
2  DF 徳永悠平 TOKUNAGA Yuhey (C) 早稲田大4年 国見高 U23日本代表(2試合180分出場)
3  DF 小宮山尊信 KOMIYAMA Takanobu 順天堂大3年 市立船橋高(2試合160分出場)
→73分 15 MF 金澤大将 東京学芸大4年
4  DF 秋葉陽一 AKIBA Yoichi 筑波大4年 浦和ユース(2試合169分出場)
5  DF 登尾顕徳 NOBORIO Kentoku 福岡大4年 鹿児島実業高(2試合180分出場)
13 DF 廣井友信 HIROI Tomonobu 駒澤大3年 前橋育英高(1試合11分出場)
6  MF 池上礼一 IKEGAMI Reiichi 仙台大4年 習志野高 FC東京強化指定選手(2試合75分出場)
→88分 MF 伊野波雅彦 阪南大2年
8  MF 兵藤慎剛 HYDO Shingo 早稲田大2年 国見高 U20日本代表(2試合105分出場)
14 MF 衛藤 裕 ETO Yu 福岡大4年 東福岡高(2試合132分出場)
11 FW 原 一樹 HARA Kazuki 駒澤大3年 市立船橋高 U20日本代表候補・前ユニバ代表(初出場)
→80分 19 FW 巻 佑樹 駒澤大学3年
20 FW 高橋大輔 TAKAHASHI Daisuke 福岡大4年 柳川高 04デンソーカップMVP(1試合47分出場)
→46分 16 MF 辻尾真二 中央大2年

【SUB】
1  GK 赤星 拓 AKAHOSHI Taku 福岡大学3年 福大大濠高(1試合90分出場)
18 GK 飯塚 渉 IIZUKA Wataru 流通経済大2年 静岡学園高(出場なし)
7  MF 伊野波雅彦 INOHA Masahiko 阪南大2年 鹿児島実業高 U20日本代表(2試合180分出場)
10 MF 藤本淳吾 FUJIMOTO Jungo 筑波大4年 桐光学園高 U21日本代表・清水強化指定選手(2試合138分出場)
15 MF 金澤大将 KANAZAWA Hiromasa 東京学芸大4年 藤枝東高(1試合90分出場)
16 MF 辻尾真二 TSUJIO Shinji 中央大2年 初芝橋本高 U21日本代表(1試合20分出場)
9  FW 赤嶺真吾 AKAMINE Shingo 駒澤大4年 鹿児島実業高 FC東京強化指定選手(2試合133分出場)
17 FW 小松 塁 KOMATSU Rui 関西学院大4年 高知追手前高 セレッソ大阪強化指定選手(2試合118分出場)
19 FW 巻 佑樹 MAKI Yuki 駒澤大学3年 国見高(2試合62分出場)
***************************************************

うははははは…!!!これが楽しみだったの〜!すっとぼけローマ字表記。
スタメンGKの時久くんは、「しょうぼ」さんだったのか〜(笑)
そしてキャプテンは、さすがにバレンシアからラブコールされてるだけあって、国際派。
なんつーかコスモポリタン?「Yuhei」じゃなくて「Yuhey」ですよぅ!
そこまでやるなら「you-hey」!ぐらいの勢いでやってほしかったぞ(笑)
衛藤くんもなんか、バルサの「ETO'O」みたいでカッコいいな。
ちなみにリーガ・エスパニョーラの「エスパニョール」には登録名「ITO」という選手もいます。
本名はAntonio Alvarez Perezだけど…

で、タイ戦とアイルランド戦の出場状況もおまけしときました。
いよいよ前回大会のグループリーグ3試合目チェコ戦で同点弾、そしてロスタイムに逆転弾を決めて、
日本を逆転の1位通過に導いた原一樹の登場でっすう〜!

今のところ日本はB組の2位。勝ち点は今日の対戦相手ロシアと6で並んでるんだけど、
なにしろ得失点差が段違い(汗)ロシアはアイルランド相手に6点叩き込んでます。
ま、どちらにしろ今日勝った方が1位通過。
決勝トーナメントではC組の1位もしくは2位と当ることになります。
2試合終わって1位は勝ち点6のウルグアイ。
次は勝ち点3でイタリアと南アフリカが並んでますが、得失点差でイタリアが2位。
そして今日はイタリアが1位のウルグアイと、南アフリカは勝ち点0、得失点-8と振るわない中国が相手。
ウルグアイ、イタリア、南アフリカ…どこと当ることになっても手ごわそうでっすぅ…

ちなみに前回大会、日本はイタリアと決勝を戦い、89分に中後雅喜(現・鹿島)の決勝弾が決まり
3-2で金メダルを手にしています。

**********************************************

ひゃほ〜い!ジュンゴ以外の選手がやっとゴールげっとぉぉぉぉぉぉぉぉ!
14分に「ETO」衛藤裕がやりましたーーーーー!アシストは兵藤だよぅ!
そしてそのまま1-0で、日本がロシアを下しましたっ。首位通過です〜!

ロシアは84分にイエロー2枚をもらった選手が一人退場。
日本は69分にDF廣井友信が、93分にMF金澤大将がイエローをもらってまっすぅ…
ロスタイムになにか危険な香りでもあったのかすぃらん(汗)

そしてそして女子も首位通過しましたっ。
でも、こんなルールがサッカー界にはあるのですね…

女子日本、仏とドローで1位通過/ユニバ
日本0−0フランス

準々決勝進出が決まっている女子日本はフランスと引き分けて、
1次リーグB組の1位通過を決めた。
 ところが、試合後に異例の3人ずつによるPK戦が待っていた。「トルコ・ルール」(本田監督)
のPK戦は日本が3−2で勝利。公式記録上はあくまで引き分けで、日本のチームスタッフも
「こんなルール聞いたことがない。面白いですね」と苦笑いするしかなかった。


トルコ・ルール…トルコ・ライス…(意味はなし)

**********************************************

C組の結果が出ました。イタリア対ウルグアイは1-0でイタリアが勝ちました。
え〜…イタリアには8枚、ウルグアイには4枚のイエローが出され、
イタリアのその名もROSSO(赤)くんが2枚もらって退場してます(苦笑)
激しいゲームだったんですねえ…

そういえば6月に「地中海オリンピック」というものが開催されていて、
6月29日、スペインU22とイタリアU22が準々決勝を戦ったらしいんですよ。
1-2とスペインが勝ち越したところで、両チーム全選手を巻き込む大乱闘が勃発。
イタリアの選手が倒れてたのにプレーを続けて、点まで取りやがったスペインチームに
激怒したイタリアチームが暴れたのが発端だとか。結局ベンチスタッフまで乱闘に加わり、
レッドカードを頂戴した退場者続出。
ついにはイタリア7人対スペイン9人で試合再開をするはめに…と思ったら、
再開5分後にイタリアの選手が2枚目のイエローを喰らうファウルを犯し、イタリアチームは6人に!!
んで、規則により試合はそこで終了。6人以下になると試合続行不可になっちゃうんですね…
「イタリア人はU17だろうが40歳だろうが、みんな挑発してくる。相手にするなって言ったのに!」
とスペインの代表監督はくぎを刺してたらしいのにこの騒ぎ。

う〜ん…このウルグアイ戦もそうとうなことになっちゃってたのかな…
あ、話が脱線しちゃいましたが、ラン☆カンの計算が間違ってなければ
C組はイタリアとウルグアイの勝ち点と、総得点、総失点が同じになっちゃたんです。
(南アフリカは中国と1-1で引き分けたため3位確定)
そういう場合は直接対決の勝者が1位ってことでいいんでしょ〜か?(誰に聞いてるんだ?)
それとも「トルコ・ルール」の3人PK戦をやるんでしょ〜か?

以下次号!(なんだそりゃ)
posted by ラン☆カン at 01:28| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学生にも注目してみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。