2005年08月15日

ジュンゴ以外の得点者あらわる!ユニバーシアード、首位通過〜!

現地時間8月14日18時キックオフ。グループリーグ最終戦のロシア戦は
日本時間の15日午前0時に始まりました〜!

さあ、駒スポの出番だ!
たのんだ駒スポ!行け行け駒スポ!
…と、ヒトのふんどしで相撲をとってばかりなのもなんなので、スタメン表に
ユニバーシアード公式ページにアップされたデータをミックス!

***************************************************
12 GK 時久省吾 TOKIHISA Shobo 早稲田大3年 大津高 (1試合90分出場)
2  DF 徳永悠平 TOKUNAGA Yuhey (C) 早稲田大4年 国見高 U23日本代表(2試合180分出場)
3  DF 小宮山尊信 KOMIYAMA Takanobu 順天堂大3年 市立船橋高(2試合160分出場)
→73分 15 MF 金澤大将 東京学芸大4年
4  DF 秋葉陽一 AKIBA Yoichi 筑波大4年 浦和ユース(2試合169分出場)
5  DF 登尾顕徳 NOBORIO Kentoku 福岡大4年 鹿児島実業高(2試合180分出場)
13 DF 廣井友信 HIROI Tomonobu 駒澤大3年 前橋育英高(1試合11分出場)
6  MF 池上礼一 IKEGAMI Reiichi 仙台大4年 習志野高 FC東京強化指定選手(2試合75分出場)
→88分 MF 伊野波雅彦 阪南大2年
8  MF 兵藤慎剛 HYDO Shingo 早稲田大2年 国見高 U20日本代表(2試合105分出場)
14 MF 衛藤 裕 ETO Yu 福岡大4年 東福岡高(2試合132分出場)
11 FW 原 一樹 HARA Kazuki 駒澤大3年 市立船橋高 U20日本代表候補・前ユニバ代表(初出場)
→80分 19 FW 巻 佑樹 駒澤大学3年
20 FW 高橋大輔 TAKAHASHI Daisuke 福岡大4年 柳川高 04デンソーカップMVP(1試合47分出場)
→46分 16 MF 辻尾真二 中央大2年

【SUB】
1  GK 赤星 拓 AKAHOSHI Taku 福岡大学3年 福大大濠高(1試合90分出場)
18 GK 飯塚 渉 IIZUKA Wataru 流通経済大2年 静岡学園高(出場なし)
7  MF 伊野波雅彦 INOHA Masahiko 阪南大2年 鹿児島実業高 U20日本代表(2試合180分出場)
10 MF 藤本淳吾 FUJIMOTO Jungo 筑波大4年 桐光学園高 U21日本代表・清水強化指定選手(2試合138分出場)
15 MF 金澤大将 KANAZAWA Hiromasa 東京学芸大4年 藤枝東高(1試合90分出場)
16 MF 辻尾真二 TSUJIO Shinji 中央大2年 初芝橋本高 U21日本代表(1試合20分出場)
9  FW 赤嶺真吾 AKAMINE Shingo 駒澤大4年 鹿児島実業高 FC東京強化指定選手(2試合133分出場)
17 FW 小松 塁 KOMATSU Rui 関西学院大4年 高知追手前高 セレッソ大阪強化指定選手(2試合118分出場)
19 FW 巻 佑樹 MAKI Yuki 駒澤大学3年 国見高(2試合62分出場)
***************************************************

うははははは…!!!これが楽しみだったの〜!すっとぼけローマ字表記。
スタメンGKの時久くんは、「しょうぼ」さんだったのか〜(笑)
そしてキャプテンは、さすがにバレンシアからラブコールされてるだけあって、国際派。
なんつーかコスモポリタン?「Yuhei」じゃなくて「Yuhey」ですよぅ!
そこまでやるなら「you-hey」!ぐらいの勢いでやってほしかったぞ(笑)
衛藤くんもなんか、バルサの「ETO'O」みたいでカッコいいな。
ちなみにリーガ・エスパニョーラの「エスパニョール」には登録名「ITO」という選手もいます。
本名はAntonio Alvarez Perezだけど…

で、タイ戦とアイルランド戦の出場状況もおまけしときました。
いよいよ前回大会のグループリーグ3試合目チェコ戦で同点弾、そしてロスタイムに逆転弾を決めて、
日本を逆転の1位通過に導いた原一樹の登場でっすう〜!

今のところ日本はB組の2位。勝ち点は今日の対戦相手ロシアと6で並んでるんだけど、
なにしろ得失点差が段違い(汗)ロシアはアイルランド相手に6点叩き込んでます。
ま、どちらにしろ今日勝った方が1位通過。
決勝トーナメントではC組の1位もしくは2位と当ることになります。
2試合終わって1位は勝ち点6のウルグアイ。
次は勝ち点3でイタリアと南アフリカが並んでますが、得失点差でイタリアが2位。
そして今日はイタリアが1位のウルグアイと、南アフリカは勝ち点0、得失点-8と振るわない中国が相手。
ウルグアイ、イタリア、南アフリカ…どこと当ることになっても手ごわそうでっすぅ…

ちなみに前回大会、日本はイタリアと決勝を戦い、89分に中後雅喜(現・鹿島)の決勝弾が決まり
3-2で金メダルを手にしています。

**********************************************

ひゃほ〜い!ジュンゴ以外の選手がやっとゴールげっとぉぉぉぉぉぉぉぉ!
14分に「ETO」衛藤裕がやりましたーーーーー!アシストは兵藤だよぅ!
そしてそのまま1-0で、日本がロシアを下しましたっ。首位通過です〜!

ロシアは84分にイエロー2枚をもらった選手が一人退場。
日本は69分にDF廣井友信が、93分にMF金澤大将がイエローをもらってまっすぅ…
ロスタイムになにか危険な香りでもあったのかすぃらん(汗)

そしてそして女子も首位通過しましたっ。
でも、こんなルールがサッカー界にはあるのですね…

女子日本、仏とドローで1位通過/ユニバ
日本0−0フランス

準々決勝進出が決まっている女子日本はフランスと引き分けて、
1次リーグB組の1位通過を決めた。
 ところが、試合後に異例の3人ずつによるPK戦が待っていた。「トルコ・ルール」(本田監督)
のPK戦は日本が3−2で勝利。公式記録上はあくまで引き分けで、日本のチームスタッフも
「こんなルール聞いたことがない。面白いですね」と苦笑いするしかなかった。


トルコ・ルール…トルコ・ライス…(意味はなし)

**********************************************

C組の結果が出ました。イタリア対ウルグアイは1-0でイタリアが勝ちました。
え〜…イタリアには8枚、ウルグアイには4枚のイエローが出され、
イタリアのその名もROSSO(赤)くんが2枚もらって退場してます(苦笑)
激しいゲームだったんですねえ…

そういえば6月に「地中海オリンピック」というものが開催されていて、
6月29日、スペインU22とイタリアU22が準々決勝を戦ったらしいんですよ。
1-2とスペインが勝ち越したところで、両チーム全選手を巻き込む大乱闘が勃発。
イタリアの選手が倒れてたのにプレーを続けて、点まで取りやがったスペインチームに
激怒したイタリアチームが暴れたのが発端だとか。結局ベンチスタッフまで乱闘に加わり、
レッドカードを頂戴した退場者続出。
ついにはイタリア7人対スペイン9人で試合再開をするはめに…と思ったら、
再開5分後にイタリアの選手が2枚目のイエローを喰らうファウルを犯し、イタリアチームは6人に!!
んで、規則により試合はそこで終了。6人以下になると試合続行不可になっちゃうんですね…
「イタリア人はU17だろうが40歳だろうが、みんな挑発してくる。相手にするなって言ったのに!」
とスペインの代表監督はくぎを刺してたらしいのにこの騒ぎ。

う〜ん…このウルグアイ戦もそうとうなことになっちゃってたのかな…
あ、話が脱線しちゃいましたが、ラン☆カンの計算が間違ってなければ
C組はイタリアとウルグアイの勝ち点と、総得点、総失点が同じになっちゃたんです。
(南アフリカは中国と1-1で引き分けたため3位確定)
そういう場合は直接対決の勝者が1位ってことでいいんでしょ〜か?(誰に聞いてるんだ?)
それとも「トルコ・ルール」の3人PK戦をやるんでしょ〜か?

以下次号!(なんだそりゃ)
posted by ラン☆カン at 01:28| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学生にも注目してみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユニバ公式にはレギュレーションが載ってないんだね…。
FIFAだとフェアプレイ・ポイントなんだけど。
トルコ・ルール(笑)によって決まるのかなあ?
Posted by KANKAN at 2005年08月15日 04:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。