2005年08月16日

イラン戦は主力組!!!

17日のイラン戦は、東アジア選手権の初戦、対北朝鮮戦のスタメンがそのままスタメンとなるそうです…。
う〜ん、ちょっぴり淋しいような…。

   玉田 大黒
三都主 小笠原 加地
   福西 遠藤
 中澤 宮本 田中
     川口

こんな感じでしょうか…?
よっちゃん@川口能活のケガ(打撲)は大丈夫なのかな〜?

15日の練習試合(川崎Fユース)では、前日にナビスコに出たアレ@三都主アレサンドロとボンバー@中澤佑二の代わりに、ムライ@村井慎二とモニ@茂庭照幸がスタメンに入りました。
でも、神様は「今日の前半のメンバーに中沢、三都主が入る」と明言されたそうです。

「レギュラーの選手を意識してプレーした。僕らがアピールしないといけない立場なのは分かっている」
モニ@茂庭照幸。

「イラン戦は大事な試合。18人のメンバーに入るのが目標」
ムライ@村井慎二。

それにしても、誰が誰のサブかこんなにもはっきりしている代表は初めて見ますね…。
わかりやすくていいとも言える…のかな? 代わっても戦術の混乱はなさそう。
タツヤ@田中達也とツボ@坪井慶介はケガで辞退しましたが、代わりは呼ばないそ〜です。

主力…控え、と並べてみました。

玉田…達也
大黒…巻
三都主…村井
小笠原…本山
加地…駒野
福西…今野
遠藤…阿部
中澤…茂庭
宮本…茶野
田中…坪井
川口…楢崎・土肥

ボランチは微妙ですけど、多分こんな感じかな〜と。
オグリとまきまきはタイプが違うけど、タマと達也が似てるので…。

さて、ベンチメンバー18人は…?

え〜と、スタメン11人に、GKは一人でいい? いつも通りならザキ@楢崎正剛ですね。
FWのまきまき@巻誠一郎は欠かせないでしょう。
あと5人…。(ていうか、辞退の2人を除くと21人なので、ベンチに入れないのは3人なのね…)
両サイドも代わりがいないから確定? 
トップ下…東アジア選手権ではタマが入ったりもしたけど、今回はFWが少ないからモトヤンも入りそう。
あと2人…。
ボランチとディフェンスが1人ずつ…かな。てことは?!

今ちゃん@今野泰幸 VS ユウキ@阿部勇樹
モニ@茂庭照幸 VS チャノ@茶野隆行


一騎打ちですか〜〜〜???(注:適当な予想なので信憑性はありません)

今ちゃんと阿部ちゃん、アテネ五輪対決かあ…勝負の世界は厳しいのね(泣)
アテネでは今ちゃんがボランチ、阿部ちゃんはリベロでしたね…そして阿部ちゃんはそのことを根に持ってましたね…
お? じゃあ、モニと阿部ちゃんなら誰が怪我してもOK?
(でも神様は阿部ちゃんをリベロにとは考えない気がする…)
1対1に強くボール奪取に長ける今ちゃんと、FKやビルドアップに長ける阿部ちゃん。
守備を取るか攻撃を取るか…相手はイラン。
結論は出さないでおきましょう(汗)

モニ・チャノ対決は、練習試合に出ているモニが一歩リード?
でも、13日にヒロミ@原博実FC東京監督に、「モニはいない方が良かったね」などと言われてるしな…。
モニ次第とも言えますね…自爆しがちなタイプだし

あ、ジャイアン@土肥洋一を当然のようにベンチ外に置いちゃった…いや、ザキかもしれないし、わからないよ?(汗)
posted by KANKAN at 05:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

まきまき散髪! ガンバ組は大波乱?!

「美容師さんもジーコ監督に言われたことを知っていて『じゃあ、切っちゃおうか』ってことに」
まきまき@巻誠一郎。前髪を5cmカット! 襟足もボリュームが減ったそうでっすぅ。

「僕には僕の役割があるが、選ばれるだけでなく結果を出したい。ゴールを決めたい」
も一つ、まきまき。

**********************************

「(代表は)1人1人のレベル、意識が思った以上に高くて面白かった。
イラン戦はたぶん主力メンバーでいくと思うけど、そこに少しでも入っていければ。
三都主? いい選手なので、簡単にはポジションは取れないと思いますけど、負けないように頑張りたい」

ムライ@村井慎二

「真ん中をやってプレーの幅が広がった。いいアピールはできたので、今後につなげていきたい」
チャノ@茶野隆行

「下からの突き上げ? そういうのはないけど、人数が増えてチームが強くなればいい」
フク@福西崇史

「1位通過と2位は違うので(イラン戦は)絶対勝ちたい。もちろん出る準備をする」
よっちゃん@川口能活

13日にはジェフ千葉とのナビスコ杯準々決勝第2戦も控えるジュビロ磐田の皆様。古巣との対戦に、チャノ@茶野隆行は「4月は負けているし、また古巣に負けたくないですから」と意気込んでました!

**********************************

「イラン戦に出られるようにコンディションを整えておきたいと思っています。
勝てば1位通過でW杯に行けるんでね。頑張ります」

ヤット@遠藤保仁。帰国の次の日(9日)はチームからお休みを貰ったのにも拘らず、室内トレーニングを行ってコンディションを整えていました〜!

しかし……ガンバ大阪監督@西野朗氏は甘い方ではないのです…(怖)

「状態は決していいものではない。代表でもそうだけど、チームでもレギュラーを与えているわけではない」
あちこち痛めているオグリ@大黒将志に関して。13日のナビスコ杯準々決勝第2戦・C大阪戦への出場は微妙だそうです。

「これからは2人の競争でどちらかが出ることになるだろう。無理に2人を同時に使うことはない」
シジクレイ@ガンバ主将@33歳と、ツネ様@宮本恒靖@代表キャプテンに対して。どちらもリベロが本職だけど、今まではツネ様がリベロでシジクレイがボランチをやっていました。が、ハシ@橋本英郎@ガンバのダイナモの調子が良いため、ボランチはヤット&ハシにしてシジクレイはツネ様とリベロの位置を争うことになったそうです…。ホント厳しい人だわ…。

さらに10日の紅白戦でもオグリとツネ様を控え組に入れ、
「内容も結果も出している第1戦(3-0)のメンバーで基本的には行きたい」
とコメント。2人ともイラン戦を控えてチームでも活躍してアピールしたいところなのにね…なぜ足を引っ張るようなマネを? 代表のことばかり言ってないで、チームに集中しろ!ってことかしら…?

「メンバーは監督が決めること。(先発で)出たいが、今は治すことを優先してコンディションを戻したい」
オグリ@大黒様@大黒将志のコメント。代表でスタメンから外されたばかりの2人にこの仕打ち…。西野朗、健在って感じ…(恐)。

**********************************

「同じようにリハビリや練習をやるなら、高いモチベーションでできる代表に行った方がいい。『病は気から』と言うし」
浦和の中村強化部長のコメント。タツヤ@田中達也は15日から始まる代表合宿に参加する見込み。てっきり、タツヤの代わりに別の選手を選ぶだろうと思っていたけれど、どうやら違うようです。試合出場が微妙でも代表から外さずにベンチに置いておくという、ジーコの達也さんへの強い思い入れを感じまっすぅ。また、浦和の仁賀定雄チーム・ドクターは「自力で動けている。回復は早い。直前まで様子を見て、治療とトレーニングを続けて(試合出場の可否を)判断したい」とコメント。浦和側が試合出場を制限する可能性もあります。KANKANもムリはして欲しくないでっすぅ。
posted by KANKAN at 15:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

イラン戦メンバーが、とりあえず決定!

イラン戦メンバーが決まりました!

東アジア選手権と全く同じ! 負傷のタツヤ@田中達也も選出です。

vs_china_doi.jpg
☆…ねえねえ今ちゃんとアベちゃん。そこになにがいるの?(笑)

もともと、東アジア選手権のメンバーが中心だと神様@ジーコが言っていたので、注目は負傷の達也さんの代わりは誰か、ということだったんですけれど…。

つまり…今日中には決められないということなのでしょうか?
負傷者にムリをさせることだけはやめて欲しいと思いまっすぅ。
posted by KANKAN at 17:53| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東アジアでフェアプレイ賞獲得! 本日はイラン戦メンバーが決まります!

8月17日のW杯最終予選の最終戦、イラン戦のメンバーが今日(8月9日)発表されるようです。
W杯本番まで1年を切っているのだから、A代表では全ての試合が“W杯のため”のもの。
個々の結果よりもW杯で勝つために、少しでもプラスに働けばOKだと思うKANKANでっすぅ。
そういう意味では今回の東アジア選手権、アテネ組の活躍や控え組へのジーコの期待が見えてきました。
今まで足りなかった部分(固定メンバーばかりで若手を起用しないこと)が一気に解消されて、非常に良かったのではないでしょ〜か?
競争も一気に激化! そして融合第1戦(となるかどうかはわかりませんが)、イラン戦のメンバーが今日、発表されま〜す!
東アジア選手権を振り返る選手達のコメントでも聞きながら、しばしお待ち下さ〜い!

****************************

◆ボンバー@中澤佑二

050807_bom_2.jpg

「アウエーで後手後手で消極的な印象があった。
(自分が出ることで)少しでも100%の力が出せるように、
ミスしても思い切りプレーするように(チーム全体に)伝えたいと思った」

3戦目の韓国戦で、負傷したツボ@坪井慶介に代わり途中出場したことについて。

「走ったらそのままの勢いで入った。左のアウトサイドに当たった。ラッキー」
得点シーンを振り返って。

「スタメンを外されても、出ている選手のために少しでも何か貢献することが大事。
クサらずにやっていると、意外とチャンスがあるものだなと思った」

ミスしたりスタメン外されたり、サブ時代の気持ちを思い出してスタメンの選手に貢献しようと気持ちを入れ替えたらチャンスも巡ってきて、守備も良くできた上にゴールまで奪っちゃったボンバー。今回の東アジア選手権で最も多くの経験を積めたのは、ボンバーかもしれませんね(笑)。キャプテン・マークまで巻いちゃいました! ツボが退場する時、控え組(仮称)が誰もキャプテン・マークを巻かずにボンバーに渡したのは印象的なシーンでした。

「彼(坪井)の分も頑張りたかった」
「半分はツボの点です」
「今日の1点より、1試合目の反省の方が大きい。(みんなに)チャラといわれたけど、オレは嫌だね」
「試合に対する欲が今まで以上に強くなった」

思うところの多い東アジア選手権となりました…。

050807_bom_1.jpg


◆今ちゃん@今野泰幸

「(左サイドの守備について)モニ(茂庭)さんとは長い間やってきたので(マークの受け渡しなどは)問題なくやれた。
アウェーだし、相手は負けたら最下位なので、気合を入れてくるのは分かってた。
むしろカウンターのチャンスがあると思った。
A代表はやっぱり経験してみないと分からない。何もかもが新しい経験だった。皆の性格も分かった」

KANKAN的に今ちゃんは、プレーに関しては大丈夫だろうと思っていたけれど、それ以外の部分が…ちょっと心配でした(笑)。皆の性格も分かってきたならそれは良かったですね♪(今ちゃん的には大事なことらしい。東京でもそれで苦労したらしく、ナオ@石川直宏にも「最初はナオさんの内側になかなか入り込めなかった」と言っていました)

「僕は欲張りなので、レギュラーを取りたい。
(欧州組を)自分で勝手にライバルと思って、一生懸命頑張りたい」

こうやってモチベーションを高めるのが今ちゃんのやり方なのだそう。ところで、フク@福西崇史はもういいのですか…?

「イラン戦は重要な試合になる」
W杯出場はもう決まっているのだから、これは個人的に、ということかな〜? それともチームにとってということかな? 今ちゃん個人としては非常に重要ですね! サブちゃん@川淵三郎キャプテンも、今野の球際の強さが良かったと褒めていました♪

050807_kon.jpg


◆コマ@駒野友一

「韓国は厳しかったが、自分たちの前で回させていたので、それほど崩されていなかった。
引かずにいったのがよかった。相手の動きが遅くなったのは分かった。
自分も切り返しを早くして相手の逆を取ろうとしたが、それを警戒されていた。
自分はそれを上回るような動きをしないといけない。
前の試合で中国が勝ったので、相手は3点以上取らないと優勝できないので、前掛りに来ることが分かっていた。
とにかく最後まで守りきろうと思った。

(今回は前日にスタメンを言い渡されたわけではないので)
コンディションも気持ちの準備もできていた。
試合に出続けることも目標。
2試合出て、経験したことや足りなかったことは、チームに帰ってやっていかないと。
いったんチームは解散するが、サンフレッチェに戻っても意識して取り組みたい。
また呼ばれるように頑張りたい」


アツ@三浦淳宏の負傷により、代表に滑り込んだコマ。2試合もフル出場できたというのは凄くいい経験になったはず! 代表選手はチームでも大きな意味を持つものだから、いろんな意味でここからが大事です。さらなる進化に期待してます!

050807_bom_koma.jpg


◆モニ@茂庭照幸

「ダメっすよ、個人的には。よくない出来だったから。
何本だったかなあ、簡単なフィードをミスしちゃって。
厳しい戦いになれば、ああいうので体力をなくしてしまう。

イ・チョンスはやっていて楽しかったですよ。
くせやフェイントもビデオで見たつもりだったけど、
今度やるときは下がって遠くから打たせた方がいいのかな?
俺の距離でやったら向こうの方が一枚上。
U-18からイ・チョンスとはやっているので、そのときのインパクトが強くって、今もすごい。
めまぐるしくリズムが変わっていた。それが疲れた原因。
俺のミスもあったし、これからやっていくときに(簡単なミスを)なくさなきゃいけない。

日本は我慢をさせたら世界の5本の指に入ると思っている。
どんなゲームでも耐えられる。
日本には速いカウンターとか、セットプレーもある。
相手の力関係、それはほぼ同じですけど、
韓国は引き分けでも駄目なので(優勝できないので)最初から前掛かりで来るのは分かっていた。
我慢できた。土肥様々ですよ。あの人が4点止めてくれた。

日の丸を背負ってやるわけだから、充実させなきゃいけない。
プラスにさせて帰らないといけない。
自分は初歩的なミスをなくさないと。
チームは4バック、代表は3バック。Jでシステムが違うから難しさがある。
今回の小さなミスを繰り返さないようチーム(FC東京)ではやりたい。

僕らアテネ世代はフレッシュで、負けず嫌いがそろっている。
レギュラーの人たちを引きずり下ろすぐらいの気持ちでいる。
そこまで僕らがやれているか分からないけど、意識すればチームは強くなる。
(中澤)祐二さんとかに、プレッシャーをかけていきたい。

(途中DFが代わったけど)やりにくいとかはなかった。
中澤さんは日本でも有数のDF。
あの人が入って韓国の攻撃の起点をつぶしていた。
それで韓国の時間が減ったと思う」

「メンバーに食い込むには意志…内容より結果だと思ってる。
イラン戦に出られるなら頑張りたい」

「主力組の中に、オレも突っ込んでいきたい。
まだまだ実力が足りないけど、今回で足掛かりはできたと思う」

「イラン戦はまた同じメンバーが選ばれるみたい。
主力組と言われている人たちのなかに突っ込んでいきたい」

「自分なりに頑張れたと思うし、この大会で主力組に食い込んでいく手応えはつかめた。
あとはジーコ監督の考え方を早く理解したい」


'01アルゼンチン・ワールドユースの時は最終選考に漏れてしまい本戦メンバーに残れず、アテネ五輪の時もなかなか先発組に入れなくて、どうせまたダメだろうと一時はクサりかけていたというモニ。それでも、たとえ控えでも自分を見ていてくれる、応援していてくれる人たちがいるのだということに気づき、モニは気持ちを改めて頑張り、本戦メンバーに残って3戦フル出場を果たしました。アテネではグループリーグで負けてしまい決勝トーナメントに出られず、“谷間”という烙印を外せなかった81年組のモニです。そしてまたその悔しさを胸にひとつずつ、本当に一歩一歩、着実に成長してきました。やんちゃの代名詞のような(失礼!)モニが今、A代表の一員として立派に活躍しているということだけでKANKANはもう涙が出そう…。仲のいいナオ@石川直宏のあまりの人気者ぶりを羨むことも多かったけれど(それゆえに?オールスターにも選ばれたいなどと言っているけれど)、モニが前線に上がっていく姿に期待で胸が高まるという人が多くなってきたんじゃないかな?! 以前はモニがボールを持つと不安で胸が高まったけれど…危険な香りが漂うモニでした。今は、セクシーな男って感じかな?!(笑)

050807_moni_kon.jpg


◆ジャイアン@土肥洋一

「いいアピールになった。(出場する)チャンスが少ない中で(アピールを)続けることが大事だと思う。
最初(のシュート)は手が届くところに来たので、リズムを作れてうまく試合に入れた。
DFもコースを限定してくれて、やりやすかった。
みんなもう勝つしかないというのが分かっていた。

(かなり押し込まれたが)決定的に崩されてはいない。
だから向こうも遠めから打ってきた。後ろは(味方のゴールを)信じて待っていた。

(DFとの連係は)テストマッチでやっているので、問題はなかった。
韓国については十分にスカウティングができていたので、どんなふうなのか予想できた。
GKコーチからは『後半は遠めから打ってくるから気をつけろ』と言われていた」


今まで出場した3戦の中で、最もいい出来だった今回の韓国戦。日本代表のGKは、よっちゃん@川口能活とザキ@楢崎正剛だけではない!ということを知らしめた1戦だったのではないかと思いまっすぅ♪ 第3GKというチームのメンタル・ケアも行わなければならない難しい立場でありながら、自分自身のコンディションも立派に高めていました(泣)。GK陣は1人1戦ずつという面白い試みが行われた東アジア選手権。無失点で抑えたのは土肥クンだけなんです…この点はぜひ評価して下さ〜い!

◆ツボ@坪井慶介

「とにかく相手は点を取らなければならなかったので、我慢する時間帯が続いた。
結果的に優勝できなかったのは残念。
でも控えの選手が試合に出られたことは、これからに生きると思う。
チャンスがいつ訪れるかは分からないけれど、いつも準備をしていかなければと思った」

「(中澤がゴールを決めて)交代した甲斐があったと思う。
(来週からのJリーグは)もちろん大丈夫です」


負傷退場となったけれど、身体の方は大丈夫そうです…ほっ。昨年の6月まで代表スタメンの座に定着していた感のあるツボは、2004年7月9日のキリンカップ(広島)対スロバキア戦の後半でも負傷退場しました。「一瞬鈍い音がしました。何かが切れるような」。始めは肉離れで全治4週間と言われましたが、「肉離れってあんな音がするのかなぁって。しかもとても痛い。4週間じゃ回復しないんじゃないかと思った」。本人が感じたとおり、精密検査の結果、筋肉だけでなくモモの腱まで断裂していたことがわかり、約半年の間ピッチから離れなければならなくなりました。今年の1月に代表候補合宿に呼ばれながらも半年の空白がなかなか埋められない。「怪我をしてから一番苦しかったのは、ボールを蹴るようになってから…なかなか思うようにできなくて」。今回の東アジア選手権では高評価を得られたとは言い難いツボですが、まだリハビリの途中なのかもしれません…これからもっともっとよくなって行きますよ〜!

050807_tsuboi.jpg


◆チャノ@茶野隆行

「向こうが前から前から来るので、逆に自分たちから前から行って、ラインを上げていこうと思った。
完封は自信になる。若い選手にとっても『やれる』という自信になったと思うのでよかった」


控え組の中でジャイアン@土肥洋一を除くと、最年長となったチャノ@28歳。95年に市立船橋高校からジェフに入ったチャノは、今年プロ11年目を迎えています。昨年4月にボンバーとツネ様の怪我により代表に招集され、ハンガリー戦とチェコ戦に出場しました。年代別代表の経験のないチャノなので、個人的には若手と言われるアテネ組よりも大丈夫かな〜と思って見ていました(汗)すみません…。磐田への移籍については賛否両論あるところですが、刺激が多いということなのでメンタル面では良かったようですね。

◆ムライ@村井慎二

「収穫は最後に勝って終われたことと、2試合使ってもらえたこと。
(手ごたえは)レギュラー組が出てないわけだから分からないけど、自分の特徴は見てもらえたし、(生き残りに)一歩近づいたと思う。
2試合目、3試合目と違うメンバーなので少し連係が悪かった。
チーム全体で、というのがなかったが、その中で自分はアピールできたと思う」


2試合目よりは3試合目の方が、いくらか連携ができて良さが出せたんじゃないかな〜と思いまっすぅ。なにせレアル戦での出来がいまいち…な気がしただけに心配でしたが、もっと連携ができたらもっと良くなる予感がしました。今更言ってもしょうがないけど親善試合のせいで初代表なのに合流を遅らせられたというのはムライにとって凄く大きな足かせだったのではないですか…? ムライにはもっと多くの時間を与えてほしいと思うKANKANでっすぅ。

◆まきまき@巻誠一郎@184cm

「(大会の収穫は)今まで国際経験というものがなかったけど、そういう試合でのプレッシャーや、アウェーでプレーできたことなどがプラスになった。
その中でやっぱり結果を残すことが大事。
ゴールを決められなかったのは残念だったけれど、自分らしいプレーはできたと思う。

(中澤のゴールの時は)自分は前でつぶされ役になっていた。
少しは仕事ができたのかな、と思う。
(韓国は)やっぱり思うようにプレーをさせてくれなかった。

(今後の課題は)中盤のつなぎでもっと顔を出せるようにしたい。
今日は前線との距離が遠かったので、改善するように気持ちを切り替えていきたい」


得点は奪えなかったけれど、アピールはかなり出来たんじゃないかな? 久保竜彦(181cm)や鈴木隆行(182cm)、それに高原直泰(181cm)との争いが、これから始まりま〜す! とりあえず身長では一歩リードしているので(笑)、経験値を上げて、次は結果を出してね!

050807_maki.jpg


◆ユウキ@阿部勇樹

「できれば既存の選手と一緒にピッチに立ちたかった」
3戦目ではFKはもちろん、守備やビルドアップでも目立った阿部ちゃん♪ レギュラー組との融合は次のイラン戦からでっすぅ。

◆ツネ様@宮本恒靖

「試合に出たいという気持ちが強くなった。競争はいつもあるし、この先も当然ある」

「イラン戦は勝てるように、勝って(予選)1位で終われるようにという話が(ジーコから)ありました」

「(東欧遠征のことを)聞かれれば行きたい。
アウェーで高いレベルでやるのはそこしかない」


オールスターと重なっている東欧遠征についてはまだ諦められないようです…。オールスター問題はこちら。オールスターについてはまたそのうち語りまっすぅ。

◆オガサ@小笠原満男

「自分らは限られた時間でここまできた。積み重ねてきたものもある。いい競争になっていけばいい」

15日のイラン戦代表召集まで“特別休暇”が与えられることになったそ〜です! すごいな〜! 鹿島アントラーズの鈴木強化部長は「非常に疲れていると思うので」と語り、チーム練習への合流を特別に回避させる方針だとか。イラン戦までは休養と自主トレで準備を整えます! レッチェが獲得を諦めたことでチームも太っ腹なのかしら…?

◆オグリ@大黒様@大黒将志

「(東アジア選手権では)何かあったわけでもなし。
最初はコンディションもよくなかった。
まあ、そういう意味では休めたのはよかったとプラスに考えたい」

「まだ痛いけど、やれないわけじゃない。休めばよくなると思う」

「2日休みがあるんで、よくなると思う」


左ふくらはぎ打撲の影響が残っていた上、右太ももの付け根部分に炎症が出ていたオグリ。10日からチームに合流する予定。コンディションが戻れば13日の大阪ダービー・ナビスコ準々決勝(第2戦)に出場するようでっすぅ。

****************************

◆神様@ジーコ

「負けていい試合なんてないが、絶対に負けちゃいけない試合がある」
韓国戦前に選手に語ったコトバ。

「監督が選手を100%信頼してあげなかったら誰が信頼してあげるんだ」
控え組(仮称)をスタメンに使うことについて。

「シュート力があって打てる状況にあってもシュートを打たない。その気持ちが問題だ」
決定力不足と言われていることについて。

「勝たなければいけない真剣勝負で、どれだけ気持ちの強さを出せるかだったが、
球際の強さ、そして選手それぞれが個性を出せていた。
大会でないと彼らの本当の力を評価できないが、今大会は日本に有意義だった」

韓国戦を終えて。

「ベースはあるが最終的には答えられない。
今回だけ見てもいい選手がいるし、これからもっといい選手が出てくる可能性もある。
今この段階で完ぺきな選手は誰もいない。あとは努力次第」

W杯メンバーについて聞かれて。

「選手がクラブへ戻って、どれだけクオリティーを上げられるか。
世界ランクはあてにならない。
技術、精神力、フィジカルすべてを高めないと。
その人数が多いチームが(W杯で)勝つチームなんだ」

2006W杯について。

◆たっじまん@田嶋幸三技術委員長

「最後に1-0で勝ったことで、チームにはずみがついて、イラン戦に向けていいシチュエーションになった。
Bチームの韓国戦出場は、我々は考えていなかったが、ジーコはいい機会を与えてくれた。
優勝はできなかったが、大きな成果のあった大会だった。

うちも崩せなかったけど、本当に崩された形はなかった。
選手は最後まで集中していた。
中澤は途中で出場してレギュラーであることをアピールしてくれた。
こういうことがチームにとって刺激になる」


hanabi_final.jpg
☆この写真だけスポニチアネックスさんからお借りしてきてしまいました…
 涙が出ちゃうほどステキだったので…すみません!!!
 (鼻水をすすりながら)今ちゃん、ナイスポジション(笑)



◆サブちゃん@川淵三郎キャプテン

「今日は気分よく(セレモニーの)花火を見ることができてうれしい。
やっぱりディフェンスの粘りが勝因だったね。
攻撃面でパスがつながらない部分もあったけれど、しっかり守って最後は中澤が決めてくれた。

1試合目で悪かった選手を変えて、若い選手に経験を積ませたわけだが、
試合に出ることでレベルアップを図ることができる。
それはこの2試合を見れば(記者の)皆さんにも分かったんじゃないかな。
今野は球際の強さを見せていたし、茂庭もいい守備をしていた。土肥も存在感を示してくれた。
試合前、ジーコは『絶対に韓国には負けるな』と言っていたんだ。
(チームを入れ替えたことで)レギュラークラスの選手にも危機感が生まれた。
この2試合で、ワールドカップに出場する選手も出てくると思う。
その意味で、非常に意義がある大会だった」

「レギュラークラスが出て優勝しても当たり前だし、W杯へプラスになるとは思わない。今回のトライは良かった」

「(イラン戦では、北朝鮮戦先発の主力組から)全く代えないかもしれないが、僕の希望としては最低でも1人は(先発に)入ってほしい」


****************************

◆タツヤ@田中達也

「代表の雰囲気はすごく入りやすくて良かった。課題はゴールを決めること。チャンスはたくさんあったので」
「腰はだいぶいい。状態を見ないといけないけど、ナビスコ杯(14日・清水戦)に出られるように努力します」

7日、空港で語ったというコメント。自分で荷物を持って歩いて到着ロビーから出てきたそうです。一時は車椅子という話もあったのでとりあえず良かったけれど…。

「最終的にはクラブの判断だが、回復には時間がかかると思う」
早川直樹アスレティックトレーナーのコメント。本日9日、診察予定です。「骨がずれている可能性もある」という話もあります。

「ナビスコ杯も代表戦(17日・イラン戦)もおそらく無理」
浦和関係者のコメント。現状では24日の神戸戦での復帰が有力だそう。

代表に関しては十分なアピールができているので、腰が良くなれば必ずまた呼ばれると思いまっすぅ。だから、焦らずゆっくりと治してください…。大事な時期なのだから、絶対に絶対にムリは禁物でっすぅ!!!
posted by KANKAN at 16:54| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

勝ったあああ! 日本1−0韓国 東アジア選手権

勝って喜ぶのが久しぶりな気がします…(嬉泣)。

050807_gol.jpg

それしても不思議な試合でした…。
結局、控え組(仮称)がスターティング・メンバーに名を連ねながらも、最後に試合を決めたのはレギュラー組の中心選手である、オガサ@小笠原満男とボンバー@中澤佑二。奇しくも1試合目の北朝鮮戦でミスって失点を呼び込んでしまった二人なわけです…。
まきまき@巻誠一郎をはじめとする控え組(仮称)に決めて欲しかった気もするけれど…。
後々のことを考えれば、ここで控え組だけで結果を出してレギュラー組との間に溝を作ってしまうよりは、控え組で試合を有利に運び、最後の詰めをレギュラー組に決めてもらって互いの力を融合させた今回の結果は、実はベストだったのかもしれません。
それに、今日の試合は前の2試合よりもずっと良かったと思いまっすぅ。いくつか連携のズレもあったけれど、中国戦よりは合ってたしね。
ボンバーやオガサが途中から入って、連携不足から大事なところでミスが生じるんじゃないかと思ったけれど杞憂でした〜。若手も遠慮せず、逆に頑なになることもなくて…。控え組(仮称)に本当に自信がついたということでしょうか。何より皆が、個人的なことよりもチームの勝利を願っていたように感じました♪ ホント、良かった〜。
勝ったよう!!!

「タイトルは獲れないが、韓国相手に絶対に負けられなかった。
韓国は遠目からシュートを打ってきたが、(日本は)よく凌いだ。
選手が頑張った。それに尽きる」

神様@ジーコも喜ばれております♪ ボンフールさん@韓国代表監督はどうなるんでしょう…これ以上髪が薄くならなければいいけど。

◆東アジア選手権 確定順位

1位:中国(1勝2分、勝ち点5)(5得点3失点)
2位:日本(1勝1分1敗、勝ち点4)(3得点3失点)
3位:北朝鮮(1勝1分1敗、勝ち点4)(1得点2失点)
4位:韓国(2分1敗、勝ち点2)(1得点2失点)

何とか面目躍如でっすぅ(安堵)。
2年後の2007年に第3回大会が行われる東アジア選手権ですが…韓国は予選からスタートになるのでしょうか???
オーストラリアも入ってくるので、この辺りのルールは見直されるかもしれません。

さて、今大会、気になったことといえば…空席! いくら何でも空きすぎだよう!
日韓戦であれだけガラガラってのは…どういうこと?!

「視聴率は、40%を見込んだ目玉の韓国−北朝鮮でも17%程度。
ソウルで開催されていないため関心が低く、休暇の時期と重なったのも理由」

東アジア・サッカー連盟の岡田武夫事務局長のコメント。

わかるよ〜なわからないよ〜な説明でっすぅ。

@ソウルで開催されないため関心が低かった。
……韓国のサッカーファンは皆、ソウル在住なのですか? もしくは大田・全州・大邱にはあまり人が住んでいないの?

A休暇の時期と重なった。
……休みだから人が地方にサッカー見に行けるのでは? 韓国では休暇は自宅で休むものなの? 一族で集まるとか?

視聴率も17%って…ゴールデンタイムなのに(韓国にそんな言葉があるのかど〜かは知らないけれど)。
韓国サッカー、大丈夫なの?! って思ってしまいました。
W杯であれだけ盛り上がってた国なのに。リバウンドってやつ?!

まあ、日本も他人事ではないのかもしれませんが…。
FIFA主催の世界大会に出られなくなったら、あっという間に低迷する危険も高いのかな、と。
ここ最近、例えばワールドユースの時とかもそうだったけれど、勝てなかった時に文句を言う人の割合が増えたなあと思うのです。
勝って欲しかった、悔しい、という意味の文句(というか叱咤)ならばわかるのだけれど、悪かった部分切り捨てていけ、ということを示唆しているようなコトバが多い気がするのです…。
そういうコメントを読んでいると、そのうちサッカー丸ごと切り捨てられちゃうんじゃないかという不安に陥りまっすぅ…。

おっと、せっかく勝った日にネガティブはいけませんね(汗)
A代表は8日に帰国の予定。
次は、8月17日のW杯最終予選の最終戦となるイラン戦です!
いったい、どんなメンバーになるのでしょうか?! 神の決断は如何に?!
posted by KANKAN at 00:02| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

今日は日韓戦! ビリ対決でも日韓戦! まきまき誕生日おめでとう!

◆東アジア選手権 日本−韓国
8月7日 20:00〜


2戦を終えてこんな経過になっておりまっすぅ。

1位:北朝鮮(1勝1分、勝ち点4)(91)
2位:中国(2分、勝ち点2)(56)
3位:韓国(2分、勝ち点2)(21)
4位:日本(1分1敗、勝ち点1)(13)

え〜と…これは何の結果なんですか? って感じでしょうか(汗)
中国と韓国は、総得点で中国が上回ってます。
右のカッコ内の数字は、FIFAランクとかいう当てにならない参考数値…。
強い相手を避けて格下とAマッチを行えば順位がどんどん上がっていくという例のやつですね。
でも、2点差以上ですっきり勝てば、とりあえず最終順位は2位となり面目は保てるのかな。
北朝鮮−中国の結果にもよりますが、日韓戦は多分負けた方がビリになるでしょう。
これこそ、絶対に負けられない戦いってやつ?!
あ、ちなみに引き分けてもビリになる可能性は高いんで…
韓国戦は勝たなきゃダメですようっ!!!

「韓国戦は日本の代表として気持ちの入ったプレーをしてほしい」
神様のお言葉。関係ないけど、韓国のボンフール監督は不支持率が90%を超えているそ〜で、この試合負けたらクビが危ないらしいです…。ヒディングへの思い入れがまだ強いんだね…。

◆9.まきまき@巻誠一郎

「駒沢大学4年の時だったと思いますが、夏の総理大臣杯で(誕生日の)前の日か、前の前の日か、ゴールを決めてます」

「(韓国戦でも)ヘアバンドはしますよ。くさかったら洗濯します(笑)」

「自分はゴール前にいる時間を長くしようという意識でやっている。
試合を(外から)見ていて、ゴール前に(FWが)いないということが多かったから」

「(得点の)積み重ねでここまできたので、結果を残して日本に帰りたい」


まきまきの弟の佑樹も駒大。今は3年生でユニバーシアード代表に選ばれてま〜す! ちなみに巻佑樹も高身長で182cmのFWでっすぅ♪ 断髪指令問題はこちらの一番下。

◆30.ユウキ@阿部勇樹

「(FKは)空いているところを狙って蹴っているだけ。
(いつも)巻というのではなく、フリーの選手に合わせるようにしている」

「少しでも当てたらゴールに飛ぶようなボールを蹴りたい」

「勝って終わりたい」


やっぱりFKが注目の的となるユウキ@阿部勇樹。セットプレーが強力になるのはもちろんイイコト♪ けど、FK以外の質問もしてください…記者さんたち! ちなみに、ユウキのセットプレーに対し、まきまき@巻誠一郎は「球質は分かっているし、イメージ的にはやりやすい。いいボールが来るので、ぼくはしっかり決めるだけ」と答えてまっすぅ。

◆12.ジャイアン@土肥洋一

「少ないチャンスだからやれることをしっかりやりたい」

「うしろから声を出したい。普通にやれることをしたい」


先発だあ! 3試合目となる代表戦。今回はモニ@茂庭照幸と今ちゃん@今野泰幸が一緒なので、かなりやりやすいのではないかと思いまっすぅ。柏レイソルの頃は第3GKだったんですよね…パンチングが苦手で、猫パンチなどと揶揄されていましたが…こんなに立派になって(感涙)

◆26.今ちゃん@今野泰幸

「代表の試合のときは常にプレッシャーとの戦いになります」
「(周囲への遠慮は)なくはなかったです」

え〜と、この辺はいつものことなんで…さらっと流しておきましょう。

「(中国戦では)前半はいい形でボールを奪えたけれど、後半は納得できなかった。
負けていたのだから、もっと前にパスすべきなのに、横パスやバックパスば多かった。
福西さんなら、もっと前に上がってダイナミックなプレーをしていたと思う。
自分ももっとチャレンジしていくようにしたい」
「(中国戦での)悔しさ、残ってます。少ないチャンスだったので。勝てもしなかったし。個人の面でも。
もっともっと出来ると思うし。もっともっと前にパスも出せたと思う。
セーフティーなプレーばっかりだった。」

お? 個人名を出してきましたね! フク@福西崇史を意識しているようです! イナじゃないのかな〜? と思ったけれど、短期的に狙いを定めて食いついていくのが今ちゃんのやり方でしたね(笑) フクは知ってるのかな?!

「(中国戦のメンバー構成での試合は)オールスターみたいな気分でした(笑)」
1回だけ出たことがあります…Jリーグ推薦で(笑)。自分以外はみんなスターだと思っている今ちゃん♪

「みんなも生かしたいし自分もアピールしたい」
人を生かすプレーが今ちゃんの持ち味。仲間を信じる力に長けている今ちゃんです! そして最後は仲間に「いいとこ取り」だと怒られる?!

「韓国には負けられない伝統がある」
「(韓国は)僕らの世代、顔知ってるやつ多いんで、負けられない」
同世代への意識と韓国への意識はかなり高〜い今ちゃん。今日の韓国戦ではメラメラ・モードに入るかな?!(解説:以前、今ちゃんはものすごく集中している状態のことをメラメラと表現していました)

「目標は高いですから。レギュラー定着を狙いますよ」
目標や理想が物凄く高いゆえに、謙虚な発言が目立つ今ちゃん。本当は自信家なんでしょ…?

◆29.モニ@茂庭照幸

「(中国戦を終えて)いやー、きょうは疲れましたよ。オレ、上がりすぎましたから」

「日韓戦はベンチで見ていても熱くなる試合で、力以上のものが出せる。
韓国には同世代で知っている選手もおり、勝負したい」


中国戦では左サイドのようだったモニ(笑)。初めはあんなに上がる予定はなかったのだそう。点を取らなきゃ…と思って行っちゃったんですね。アテネ五輪後、タクシーの運転手に「五輪のサッカーは期待外れだったよね〜、なんだあれ? って思ったよ」と言われてかなり落ち込んだそうです(もちろん運転手さんはモニに気づいていません)。ふざけていても、アテネの屈辱はいつでも胸にあります!

◆19.モトヤン@本山雅志

「この前の(中国戦の)ビデオを見ていて、ボールにあまり絡んでいなかったと思う。
明日はもっと絡んで、前へ前へ攻めていくようにしたい。
それから先制点を取ることも大事だと思う」


レギュラー組と控え組(仮称)の両方に顔を出すモトヤンは連携に苦労しているようです。今回は早めに出場メンバーが決まったので、もっと絡めそうですね! 遥か昔、尊敬する選手はオガサ@小笠原満男だと言っていました…同世代で同チームでポジションを争っている間柄にも拘らず(笑)。ナイジェリア・ユースのアイドルだったんだよね…今ではボーズだけど

◆17.コマ@駒野友一

「まず自分から仕掛けることが先。相手を抜いてから(前線の選手を)見る」

「(韓国は)前の3枚がどんどん攻撃してくるし、サイドから2人が絡んでくるので、
数的不利にならないように声を掛け合うようにしたい。
それと、こっちもどんどん攻め上がっていくようにしたい。
テレビで見ていると、向こうの左サイドがかなり上がってきている。
やられないようにしたい」


ディフェンスとオフェンス、両方をしっかりできることが代表のアウトサイドの条件ですが、これにぴったりと合うのがコマ! 代表の右サイドといえば、圧倒的な運動量を誇り、速さと堅実な守備がウリの加地クン@加地亮、攻撃力とパスの精度、それにFKもあるアツ@三浦淳宏。この二人に対抗できるのはコマだけでしょう! 攻撃と守備の両面で優れているバランスの良さをアピールしてね!

◆25.ムライ@村井慎二

「(韓国戦では)立ち上がりに集中したい。
早目に失点せず、集中して(試合に)入って、先制できればと思う」

「(今日の7人対7人のゲーム形式の練習について)
攻守の切り替えを早くするのが目的だと思う。より実践的だと思った」

「(市原時代に)一緒にやってきた選手もいるので、ある程度の共通理解はある。
それを結果に結び付けられるようにしたい」


チャノ@茶野隆行・ユウキ@阿部勇樹・まきまき@巻誠一郎と昨年度のジェフ・メンバーが4人もいる韓国戦スタメン。ジェフにいたのでは代表に入れないから磐田へ移籍したという話もありましたが…そんなことはさて置き。ムライはあのナイジェリア・ユースの候補合宿に1度だけ呼ばれたことがあり、それ以来の代表なんですよね…(感慨深)

◆28.タマ@玉田圭司

「まず勝つこと。その上で結果を出したい。
(サブ組は)みんなが声を出して盛り上がっていますよ」

「(若手に)いい刺激を受けている」

「ぼくも新米みたいなものだし、若い人の気持ちはよく分かる。
早く溶け込めるようにしてあげたい。
話が合うのは達也とか阿部。バカなんで…」

「なるべく(巻の)周りをウロチョロするようにしていく」


タツヤ@田中達也の負傷により先発が確定したタマ。去年の3月のシンガポール戦で代表デビューし、4月のハンガリー戦で代表初得点。最近の得点は今年1月のカザフスタン戦での2ゴールと通算7得点のタマ(7得点は今回の東アジア選手権メンバーの中でボンバーと並んで1位)。去年は、ちょうど今のタツヤ@田中達也のように代表ニューフェイスとして注目されたタマちゃんです。結果を出し続けるのは難しいことだけれど、ここらで出しておかないと! イラン戦には、次のチャレンジャー、サカティ@坂田大輔が来るかもしれないぞ?! え〜と、まきまき@巻誠一郎は「(玉田とコンビを組むのは)初めて。でも基本的に(田中達也と)同じ。玉田さんも前でどんどん動き回るタイプ。僕はターゲットとして機能するタイプ」と語っておりました。

◆20.ツボ@坪井慶介
◆27.タツヤ@田中達也


「(田中達のけがについて)
昨日は普通に(別メニューで)プールで調整していた。
詳しいことは聞いていなかったが、練習に参加していたので、よくなっていたと思っていた。
(腰を痛めたのは)
今までなかったと思う。本人も調子がよかっただけに残念。
僕が慰めておきます。自分自身は(コンディションは)問題ないです」


聞きたがりタツヤ@田中達也の世話役である(?)ツボ@坪井慶介が、達也さんの状況を語っておりました。神様も「残念…」と何度も繰り返したそうです。達也さんはチームと同便で8日に帰国する予定です…。

********************************

控えとなるレギュラー組の皆様のコメント…。

「次の韓国戦には勝ちたい。点を取ること。それだけです」
オグリ@大黒様@大黒将志。FWは交代出場しますからね!

「(次の試合は)そりゃあ出たいですよ。
(韓国戦に準備をしておくよう言われていたが)
ちょっと拍子抜けした部分もある。
でも試合に出られない選手は、出る選手のサポートをすることが大事。
自分も出ているときにはサポートしてもらっていたし。
そういう仕事がいいかげんにならないようにしたい。
やっぱりチーム一丸にならないと。
出ている選手が、気持ちよくプレーできることが大事」

ボンバー@中澤佑二。

「この試合に出られないつらい気持ちを忘れたくない。W杯代表はまだ決まっていない」
「チャンスをずっと待っていた選手もいるわけだし、この大会で結果を出せれば自信もつく。
ワールドカップのメンバーはまだ決まっていないわけだから、
23人全員が出たいという意識を常に持った方がよいと思う」
「(この2試合、サイドの崩しが)足りない。
コンビネーションが取れていない。
韓国は、サイドに人数を使ってくるし。
(チーム内の競争は)
刺激になる。自分は常に試合に出ていたいし、負けたくはない。
その気持ちを失えば、下からどんどん抜かれてしまう。
(そうならないための)気持ちは大事だと思う」

アレ@三都主アレサンドロ。

「次の試合は(ジーコから)中国戦のメンバーでやるという話があったし、
そういう意味で、達也は悔しさがあったろう。
監督の(選手起用の)意図はね、俺らが推し量ることでもない。
練習前に、前もって(スタメンを)言うのは珍しい」
「選手はみんなプレーしたいもの。
リフレッシュになる機会をくれたというのは監督の考えであって、選手は違う。
それは代表でも、クラブでも一緒。競争はいつもあると思っている。これから先もある」

キャプテン@ツネ様@宮本恒靖。

********************************

「その方が若い選手は伸び伸びできるから」
神様@ジーコ。東アジア選手権で若手組とレギュラー組を混成させていないことについて。

「親善試合ではなく、公式戦で勝たなければいけない試合で試さないと意味がない」
「勝たなきゃいけないシチュエーションで真価が見られる」

神様のお言葉。今日の韓国戦に向けて。

「今いるメンバーで戦おうと思う」
これも神様。8月17日のW杯予選の最終戦となるイラン戦のメンバーについて。どうやら、レギュラー組と若手をミックスさせることになるようです。ということは、今日の韓国戦は、レギュラーに加わるための最終選考の意味もあるんですね!

「(11月の強化試合は)集大成としてベストで戦いたい」
え〜と、今後のスケジュールとして、イラン戦は今のメンバー(いわゆる国内組)。10月の欧州遠征は「欧州組が中心」。これはオールスターに出場してしまうメンバーは参加できません…。で、その後の11月からW杯メンバーが確定していくことになるようです。

********************************

さて、大事な試合となる今日のゲームの前に、モニでちょっと和んでおきましょう♪

「五輪代表は靴と靴下をちゃんと履かなきゃいけなかったけど、A代表はサンダル生活でいいんだよ」
初代表となった五輪組仲間のタツヤ@田中達也と今ちゃん@今野泰幸に、モニ@茂庭照幸がアドバイスしました〜♪ 人間力@山本昌邦アテネ五輪監督は本当に細かい方だったんですね…。

「入った! と思ったら、誰もオレの周りにいなかった。
だから最初は阿部ちゃんのゴールと思ったけど、大画面を見たらオレのゴールだった」

中国戦の後半13分に阿部のFKのこぼれ球を頭で押し込み1点目を獲ったモニ@茂庭照幸。今はユウキ@阿部勇樹のFKの良さが褒め称えられてしまいますが、時間が経てば記録が生きてくるんですよ♪ 代表初ゴール、おめでとう!!!
posted by KANKAN at 14:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

イケイケ・ジーコ 韓国戦も控え組! …あああっ!達也さんがあっ(号泣)

3日の中国戦を「疲れているから」という理由で控え組にチャンスを与えたはずの神様。
その甲斐あって(?)主力組には前向きな気持ちが出ていました…。

「いい選手がどんどん出てきている。自分もレベルアップしないといけない。そうしないとメンバーから外れる」
アレ@三都主アレサンドロ。4日の練習では居残りFK練習をしました!

「強い危機感を感じてやっている。ただ僕らが頑張ればチームの底上げにもつながる」
ヤット@遠藤保仁。底上げ? 代表の底辺にいるつもりなんですか…。

「代表が進化して強くなることが目的」
よっちゃん@川口能活。だんだんコメントが仏様のようになってきましたね…荒々しく仲間を叱咤していた頃が懐かしい。

「FWが大きくないんで、足下にパスを出した方が有効。つないでコンビで崩したい」
オガサ@小笠原満男。オグリ177cm、タマ173cmだからね。まきまき184cmも中国DFの中では大きいとはいえなかったし…。

と、韓国戦には出る気満々だった主力組。
神様も初めはそのつもりだったのでは…と思われました。

「昨日、控えに回った選手たちにも緊張感が出て、お互いに良かったと思う。
いいトライだったし、またこういう機会があってもいい。
韓国戦のメンバーは明日(5日)以降考える」

神様@ジーコの4日のお言葉。

が、神様がお考えになられた結果は……!

「韓国戦は中国戦のメンバーでいく」
「優勝の可能性もなくなった。伝統的なライバルとの戦いで若手がどれくらいやれるのかを見るいい機会」

GKがザキ@楢崎正剛からジャイアン@土肥洋一に代わる他は、中国戦のスタメン(いわゆる控え組)そのままで行くとのこと〜!
連携面を考えたら、部分的に入れ替えるのはリスクが大きい。だったらそのまま…ってなわけでっすぅね。
控え組の個々をもっと見たくなったという神様は
「彼らにとっては大きなチャンスになる」
と控え組のうち何人かがその後の代表メンバーに残ることを示唆しました。

まさに青天の霹靂となった神のお言葉に、主力組は…。

「監督の意見なので推し量るものでもない。ただ選手はみんな、どんな立場であれプレーしたいものだから…」
キャプテン@ツネ様@宮本恒靖。

「試合には出たい。でも出ないからといって、いい加減な態度はとれない。いい環境づくりをしたい」
ボンバー@中澤佑二。

中国戦でも、モトヤン@本山雅志に代わるのは、オガサ@小笠原満男だろうと思っていたKANKANでっすぅ。が、入ったのはタマ@玉田圭司。オガサといいボンバーといい、ミスが高くついたというところでしょうか…。やっぱりA代表が格下であるはずの北朝鮮にミス連発で負けてしまったというのは大きいことなのかもしれません…。

さて、再びやってきたチャンスに目を輝かせた控え組(仮称!)は…。

「同じミスを繰り返さないようにしたい。今度は勝つしかない。気持ちが高ぶります」
今ちゃん@今野泰幸のコメント。え〜と、何かミスしましたっけ…? 後半、緊張しちゃったこと?!(笑) 勝てなかったこと自体がミスなのかな??? メラメラ今ちゃんで韓国を撃破だ!

と、思いきや…。

うわああああああ! アクシデント発生!!!
タツヤ@田中達也が練習中に倒れました〜!

「急性腰痛です。筋肉の緊張が強く痛みが強いので練習を切り上げました。
安静が第一。経過を見て対応を決めます」

白石ドクターのコメント。

練習開始から42分後、センターサークル付近で腰を押さえて倒れ込んだという達也さん。
一時は救急車が出動するなど騒然とした雰囲気になり、練習終了前に迎えの車で宿舎へ戻ったということ。
3日の中国戦後に腰の違和感を訴えていたそうです…(号泣)
7日は欠場の見込みとのこと。
こんな大事なときに…不運じゃ片付けられないようっ! そして何て悪運が強いんだ、タマ。

******************************

いや、ちょっと待て?!
次は韓国戦…韓国戦といったら?!
タツヤ@田中達也に代わるドリブラー・タイプのFWといったら?!

サカティ@坂田大輔!!!

2768995.jpg
今すぐ韓国に旅立つんだっ!(←おいおいっ)

うぉっと、一人で盛り上がってしまったのでご説明…。
今ちゃん@今野泰幸の代名詞(?)でもあるワールドユース2003UAE大会。
決勝トーナメント1回戦の相手は宿敵・韓国でした。
先制されるも、サカティ@坂田大輔の2ゴールで逆転!
見事ベスト8に勝ち上がりました!!!

11_12_2003_jpn_prev_konno.jpg メラメラ今ちゃんの韓国戦♪

******************************

◆断髪指令問題のその後…

「髪が邪魔で見えないんじゃない? 切るか止めるか何かしたら、あと10点ぐらい取れる」
前出記事のコメントにラン☆カンも書いてくれた、神からまきまき@巻誠一郎へのお言葉。ご本人は「邪魔に感じたことはない」のだそう…。精神的にってことかな〜? 10点も取れるなら切っとこっか?!(笑)

まきまきへの断髪指令(?)はその後…。

「バリカンを持っていた人がいて、みんなに“刈れよ”と言われました」
まきまき@巻誠一郎のコメント。バリカンを持っていたのは…モニ辺りかな? バリカン片手に「刈れよ!」とか言いそうだ(笑)

「監督が気にしてくれているのはうれしい」
まきまきは結局、生涯初めてとなる(?)ヘアバンドを着用して練習に参加。キャプテン@宮本恒靖に貸してもらいました〜♪

韓国戦の行われる7日はまきまきの誕生日! 25歳になりまっすぅ〜。
10点もいらないけど(笑)、ヘアバンド効果で5点くらい貰っとく?! バースデー・ゴールに注目〜〜〜!!!
posted by KANKAN at 10:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

メンバー総入れ替え! 中国戦は控え組、今野・駒野・村井は代表初出場!!!(の予定)

◆東アジア選手権 8月3日 中国戦 先発予想メンバー

GK:楢崎正剛
DF:茶野隆行、茂庭照幸、坪井慶介、駒野友一
MF:村井慎二、阿部勇樹、今野泰幸、本山雅志
FW:田中達也、巻誠一郎

神様@ジーコが記者会見で語ったというので、緊急事態が起きない限り確実ではないかと思いまっすぅ。
フォーメーションはこんな感じかな???

   達也 巻
村井 本山 駒野
  今野 阿部
茂庭 茶野 坪井
    楢崎

3バックの練習が多かったらしいのでこんな感じにしてみました。
コマ@駒野友一が下がって4バックってのもあり得ますね。
KANKAN的にはスタートは3バックで、途中でDFを1枚抜いてオガサを入れ、
コマとムライがDFに入って4バック、てのもあるかな〜と思います。

それにしても、何だかウキウキしてくるメンバーでっすぅ!
おおぐろまき2トップに対抗して(?)、たつまき2トップとか呼ばれちゃうのかしらん♪(←阿呆)
そしてアテネでも実現しなかった、夢の(?)阿部ちゃん・今ちゃんドイス・ボランチじゃないですか〜!
性格は真逆のこの2人ですが、意外と合うんじゃないでしょうか?!
また3バックから危険な香りが漂ってくるあたりがいいじゃないですか〜!(←おいおいっ)

*********************************

「チャンスがあれば、思い切りのいい飛び出しでやるしかない」
今ちゃん@今野泰幸のコメント。中国戦先発予想メンバーに入ったことについて。神様に「ボランチ2人は同時に前へ出るな!」と言われてました(笑)

「刺激になるし、負けたくない気持ちが強い。負けられない」
もひとつ、今ちゃん@今野泰幸。中国・韓国に同世代のメンバーが多いことに対して。やっと負けず嫌いが口に出てきた!

「海外の選手なら普通に入れるんでしょうが、まだ僕の距離じゃない」
これも今ちゃん。25メートル・ミドルシュートの練習について。また謙遜しちゃって(笑)

「セットプレー練習までやったから、(中国戦は)もしかして?! と話していた」
コマ@駒野友一のコメント。中国戦先発予想メンバーに入ったことについて。普通、控え組にセットプレーの練習をさせることはないのだそ〜です。

「遠めから打っていけば、そのこぼれ球を狙える。試合の中では、大事なこと」
これもコマ。25メートル・ミドルシュートの練習について。どんどん打っちゃって下さ〜い!

「1対1で負けない気迫。それが僕のプレースタイル」
まきまき@巻誠一郎のコメント。低空のダイビングヘッドなど、身体を張ったプレーを練習でも披露しました。

「僕にもゴールできるチャンスがあった。夜はすごく考えました」
もひとつ、まきまき。初出場となった北朝鮮戦について。

「何か1つ変えていかないといけない」
まきまき@巻誠一郎。何を変えるの〜? 髪型とか? 答えは中国戦で見せてくれるんだよね?!

「珍しい。全員にチャンスがあるという意味でやっていたと思う」
ツボ@坪井慶介のコメント。控え組だけの戦術練習を行ったことについて。珍しい…って、確かにそうだけど(笑)。冷静でっすぅ〜。

「誰が出てもみんなやれると思う」
モニ@茂庭照幸のコメント。これも控え組だけの練習を行ったことについて。でも、まさか控え組がそっくりスタメンになるとは思わなかったようですね(笑)

「相手どうこうよりも、自分のプレーをするだけ」
タツヤ@田中達也のコメント。アテネでは大久保の当て馬的に使われた達也さん…(泣)。でも、今日は主役です!!!

*********************************

控え組が中国戦の先発になったことについて、神様は主力組をグラウンドに残し、お言葉を与え給うたそうです…。

「新しいメンバーを使いたいし、(レギュラー組は)毎試合出場して疲労もあるだろう。
誰が悪いとかではなく、疲れているから中国戦は休め」


う〜ん、言葉を選んでますね。こういうのを伝えるのは難しいのでしょう。
神様は終わったことに対してガタガタ言う方ではないようです。一番悔しいのは選手だってことをよくわかっているんですね〜。
これに対するレギュラー組のコメントは…。

「監督が決めることですから」
よっちゃん@川口能活。アトランタ五輪のメンバー争いをしていた頃、食事の席でさえライバルを睨んでいたという逸話も残っている方ですから…本心はそりゃもう…いや、もう大人になったのかな〜?

「休めと言われれば休むし、出ろと言われれば出る。疲れはあるけれど、そういう問題ではない」
加地クン@加地亮。ジーコが苦言を吐かず、敢えて疲労を口にした意図をよくわかっているようです。とりあえず休んでください…。

「途中で出ても、点を取れるように準備をするだけ。(疲れは)あるけど、言い訳にはならない」
オグリ@大黒様@大黒将志。FW陣は途中交代があるだろうから疲れていても休めません…。


どんな理由にしろ、敗戦後にメンバーから外されるというのは辛いのだと思いまっすぅ。
ただ、北朝鮮戦を見ていて、考えたくないのに出ていないメンバーのことが浮かんできちゃうんですよ…。やっぱり○○がいないと…ってな具合に。
次の中国戦、出ていないからこそ存在価値が浮き彫りになる、そんなメンバーが本当の「レギュラー組」なのかもしれません。いなくなって初めてその人の重要性に気づくというか。
別れてから「やっぱり好きだったんだ〜」と気づくことって多いじゃないですか…(←ちょっと違う?)
posted by KANKAN at 04:21| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

オグリ式コミュニケーションと言えば……

タツヤ@田中達也と今ちゃん@今野泰幸の初代表コンビ、今日で合宿3日目を迎えます〜。
初日は緊張と遠慮がキーワード?な二人でしたが…。

「昨日(25日)の夜はみんなでUNOをしましたよ。初代表の選手の緊張がなくなるように」
(by アレ@三都主アレサンドロ)

初日の夜は、オグリ式コミュニケーション・ツール「UNO」を楽しんだようでっすぅ♪

「ウノ? 弱いです。自分は勝負強くないので…」
今ちゃんらしくないお言葉(笑)。負けず嫌いはど〜したの〜? 「ウノ!」と叫んで声出しの練習をしましょうね♪

UNOメンバーは5人だったそう。
コメントのあるアレと今ちゃんは確定として、
オグリ@大黒将志は場を仕切っていたらしい。
UNO仲間のオガサ@小笠原満男もいるかな?
てことは残りは達也さん? あまりUNOのイメージじゃないけど…。
だとすると、共通点の少ない5人ですね(アレと達也さんは同じチームだけれど)。
そうか、だからこそコミュニケーションが必要なんですね!

「僕自身、初めて代表に行ったときにUNOで仲良くなれた。プレーが変わったのもそれからです」
ゲームに夢中になってアレにツッコミを入れてから代表に馴染んだというオグリ(笑)。
確かUNOの販売元(BANDAI)からプレゼントも貰ったんだよね…。
ドラえもんUNOやワンピースUNOがあるというので、そのうち日本代表UNOができるのかも…?
ちなみに日本ウノ協会ってのもあり、東アジア選手権の最中の8月6日(土)に第2回UNO公式戦が行われる模様。なでしこの韓国戦の日ですね。

「プライベートでも積極的にコミュニケーションして、サッカーに生かせるようにしたい」
東アジア選手権ではオガサのパスを期待している達也さん。UNOでオガサと仲良くなれたかな〜?

初日の25日はサーキット・トレーニング。
26日は午前にミニ・ゲーム、それに攻撃陣がシュート練習で守備陣は2タッチのパスと連携。
午後は台風の影響でプールだったそう。

*****************************

以前、今ちゃん@今野泰幸にオファーを出していたセリエBのジェノアは、勝敗を不正に操作した(いわゆる八百長)としてセリエC1への降格が決まりました。

したがって、オファーはなくなったものと思われまっすぅ。
posted by KANKAN at 08:48| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

A代表ニューフェイス、頑張ってます?!

昨日(25日)から成田で合宿を開始したA代表。
集まったのは、プレシーズンマッチを優先した磐田、神戸、鹿島所属のメンバーを除く15人。
さて、初代表のタツヤ@田中達也と今ちゃん@今野泰幸は…。

◆タツヤ@田中達也

「まだ少し緊張してます。いいパスをもらうためにもコミュニケーションを深めていきたい」
FWはパサーと仲良くして、いいパスを貰わなきゃならないんですね…。与えられるチャンスは短い時間だろうから、その中で結果を出して定着したいという達也さん。でも久保竜彦@横浜の辞退で出場は確実でっすぅ♪

「達也はまだ何か遠慮してるし、今ちゃんも緊張してた。でも達也は大丈夫。ああいうキャラだから、すぐに慣れます」
先輩、坪井慶介のお言葉。アレ@三都主アレサンドロには「浦和でいつも苛められてるから代表では覚えてろ」と言われてました…。

「(合宿では)何やるの?」「(次は)何やるの?」
その坪井先輩になついて(?)この言葉を連発する達也さん…。「達也は聞きたがりだから」だって。優しい先輩がいてよかったね♪

◆今ちゃん@今野泰幸

「有名な人ばっかりだから、しゃべれなかった」
人見知り、本領発揮?! 今ちゃん、自分は有名だと思ってませんね?

「(土肥に)後ろに行けと言われて、大黒さんの横にいました」
バスの席にすら悩む今ちゃん。ジャイアン@土肥洋一の隣に座ったら「後ろへ行け!」と怒鳴られました…(泣)。後ろへ行って、スタメン組と友好を深めろ! という意味があるのかないのかはわかりません(汗)。結局、キャプテン@宮本恒靖の前、オグリ@大黒将志の横にちょこんと…。何気にいい位置をキープしてるじゃないですか?

「なじめない。緊張が今はすごくでかい。それが続くと思うし、難しいけど頑張るしかない」
同じチームのメンバーが3人もいるのに馴染めないって…。土肥はジャイアンだし、加地さんは「嘘つき」(今ちゃん談)だし、モニは嫌がらせするから?(モニはイジってるだけ。大きな声で「よっ!代表!」と言われるのが苦痛なのだそう…)でも、ユースの時も五輪の時も同じこと言ってましたからね(笑)

*********************************

達也さんと今ちゃんは、アテネ五輪でグループリーグ敗退が決まった後、
「僕達はこれから何を目指せばいいんだろう…」
と夜通し語り合ったというメンバーでした。結局、代表を目指すしかないわけで、
「この中のうち、誰が代表に入れるんだろう?」
と話していたそうです。それから1年もしないうちに代表入りを果たした二人です。

さて、もう一人、復帰を果たした彼のコメントも!

◆ユウキ@阿部勇樹

「もう学ぶだけではいけない段階。試合に出られるよう自分の力をアピールしていきたい」
こちらはさすがに緊張していません。もともと緊張や遠慮という言葉は似合わない気もしますが…。

三者コメント比較はこちら。

*********************************

29日に韓国入りするA代表。あ、なでしこと一緒だ。同じ飛行機なのかな…?

<東アジア選手権>

7月31日 対北朝鮮
8月3日 対中国
8月7日 対韓国
posted by KANKAN at 17:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。