2005年08月15日

ジュンゴ以外の得点者あらわる!ユニバーシアード、首位通過〜!

現地時間8月14日18時キックオフ。グループリーグ最終戦のロシア戦は
日本時間の15日午前0時に始まりました〜!

さあ、駒スポの出番だ!
たのんだ駒スポ!行け行け駒スポ!
…と、ヒトのふんどしで相撲をとってばかりなのもなんなので、スタメン表に
ユニバーシアード公式ページにアップされたデータをミックス!

***************************************************
12 GK 時久省吾 TOKIHISA Shobo 早稲田大3年 大津高 (1試合90分出場)
2  DF 徳永悠平 TOKUNAGA Yuhey (C) 早稲田大4年 国見高 U23日本代表(2試合180分出場)
3  DF 小宮山尊信 KOMIYAMA Takanobu 順天堂大3年 市立船橋高(2試合160分出場)
→73分 15 MF 金澤大将 東京学芸大4年
4  DF 秋葉陽一 AKIBA Yoichi 筑波大4年 浦和ユース(2試合169分出場)
5  DF 登尾顕徳 NOBORIO Kentoku 福岡大4年 鹿児島実業高(2試合180分出場)
13 DF 廣井友信 HIROI Tomonobu 駒澤大3年 前橋育英高(1試合11分出場)
6  MF 池上礼一 IKEGAMI Reiichi 仙台大4年 習志野高 FC東京強化指定選手(2試合75分出場)
→88分 MF 伊野波雅彦 阪南大2年
8  MF 兵藤慎剛 HYDO Shingo 早稲田大2年 国見高 U20日本代表(2試合105分出場)
14 MF 衛藤 裕 ETO Yu 福岡大4年 東福岡高(2試合132分出場)
11 FW 原 一樹 HARA Kazuki 駒澤大3年 市立船橋高 U20日本代表候補・前ユニバ代表(初出場)
→80分 19 FW 巻 佑樹 駒澤大学3年
20 FW 高橋大輔 TAKAHASHI Daisuke 福岡大4年 柳川高 04デンソーカップMVP(1試合47分出場)
→46分 16 MF 辻尾真二 中央大2年

【SUB】
1  GK 赤星 拓 AKAHOSHI Taku 福岡大学3年 福大大濠高(1試合90分出場)
18 GK 飯塚 渉 IIZUKA Wataru 流通経済大2年 静岡学園高(出場なし)
7  MF 伊野波雅彦 INOHA Masahiko 阪南大2年 鹿児島実業高 U20日本代表(2試合180分出場)
10 MF 藤本淳吾 FUJIMOTO Jungo 筑波大4年 桐光学園高 U21日本代表・清水強化指定選手(2試合138分出場)
15 MF 金澤大将 KANAZAWA Hiromasa 東京学芸大4年 藤枝東高(1試合90分出場)
16 MF 辻尾真二 TSUJIO Shinji 中央大2年 初芝橋本高 U21日本代表(1試合20分出場)
9  FW 赤嶺真吾 AKAMINE Shingo 駒澤大4年 鹿児島実業高 FC東京強化指定選手(2試合133分出場)
17 FW 小松 塁 KOMATSU Rui 関西学院大4年 高知追手前高 セレッソ大阪強化指定選手(2試合118分出場)
19 FW 巻 佑樹 MAKI Yuki 駒澤大学3年 国見高(2試合62分出場)
***************************************************

うははははは…!!!これが楽しみだったの〜!すっとぼけローマ字表記。
スタメンGKの時久くんは、「しょうぼ」さんだったのか〜(笑)
そしてキャプテンは、さすがにバレンシアからラブコールされてるだけあって、国際派。
なんつーかコスモポリタン?「Yuhei」じゃなくて「Yuhey」ですよぅ!
そこまでやるなら「you-hey」!ぐらいの勢いでやってほしかったぞ(笑)
衛藤くんもなんか、バルサの「ETO'O」みたいでカッコいいな。
ちなみにリーガ・エスパニョーラの「エスパニョール」には登録名「ITO」という選手もいます。
本名はAntonio Alvarez Perezだけど…

で、タイ戦とアイルランド戦の出場状況もおまけしときました。
いよいよ前回大会のグループリーグ3試合目チェコ戦で同点弾、そしてロスタイムに逆転弾を決めて、
日本を逆転の1位通過に導いた原一樹の登場でっすう〜!

今のところ日本はB組の2位。勝ち点は今日の対戦相手ロシアと6で並んでるんだけど、
なにしろ得失点差が段違い(汗)ロシアはアイルランド相手に6点叩き込んでます。
ま、どちらにしろ今日勝った方が1位通過。
決勝トーナメントではC組の1位もしくは2位と当ることになります。
2試合終わって1位は勝ち点6のウルグアイ。
次は勝ち点3でイタリアと南アフリカが並んでますが、得失点差でイタリアが2位。
そして今日はイタリアが1位のウルグアイと、南アフリカは勝ち点0、得失点-8と振るわない中国が相手。
ウルグアイ、イタリア、南アフリカ…どこと当ることになっても手ごわそうでっすぅ…

ちなみに前回大会、日本はイタリアと決勝を戦い、89分に中後雅喜(現・鹿島)の決勝弾が決まり
3-2で金メダルを手にしています。

**********************************************

ひゃほ〜い!ジュンゴ以外の選手がやっとゴールげっとぉぉぉぉぉぉぉぉ!
14分に「ETO」衛藤裕がやりましたーーーーー!アシストは兵藤だよぅ!
そしてそのまま1-0で、日本がロシアを下しましたっ。首位通過です〜!

ロシアは84分にイエロー2枚をもらった選手が一人退場。
日本は69分にDF廣井友信が、93分にMF金澤大将がイエローをもらってまっすぅ…
ロスタイムになにか危険な香りでもあったのかすぃらん(汗)

そしてそして女子も首位通過しましたっ。
でも、こんなルールがサッカー界にはあるのですね…

女子日本、仏とドローで1位通過/ユニバ
日本0−0フランス

準々決勝進出が決まっている女子日本はフランスと引き分けて、
1次リーグB組の1位通過を決めた。
 ところが、試合後に異例の3人ずつによるPK戦が待っていた。「トルコ・ルール」(本田監督)
のPK戦は日本が3−2で勝利。公式記録上はあくまで引き分けで、日本のチームスタッフも
「こんなルール聞いたことがない。面白いですね」と苦笑いするしかなかった。


トルコ・ルール…トルコ・ライス…(意味はなし)

**********************************************

C組の結果が出ました。イタリア対ウルグアイは1-0でイタリアが勝ちました。
え〜…イタリアには8枚、ウルグアイには4枚のイエローが出され、
イタリアのその名もROSSO(赤)くんが2枚もらって退場してます(苦笑)
激しいゲームだったんですねえ…

そういえば6月に「地中海オリンピック」というものが開催されていて、
6月29日、スペインU22とイタリアU22が準々決勝を戦ったらしいんですよ。
1-2とスペインが勝ち越したところで、両チーム全選手を巻き込む大乱闘が勃発。
イタリアの選手が倒れてたのにプレーを続けて、点まで取りやがったスペインチームに
激怒したイタリアチームが暴れたのが発端だとか。結局ベンチスタッフまで乱闘に加わり、
レッドカードを頂戴した退場者続出。
ついにはイタリア7人対スペイン9人で試合再開をするはめに…と思ったら、
再開5分後にイタリアの選手が2枚目のイエローを喰らうファウルを犯し、イタリアチームは6人に!!
んで、規則により試合はそこで終了。6人以下になると試合続行不可になっちゃうんですね…
「イタリア人はU17だろうが40歳だろうが、みんな挑発してくる。相手にするなって言ったのに!」
とスペインの代表監督はくぎを刺してたらしいのにこの騒ぎ。

う〜ん…このウルグアイ戦もそうとうなことになっちゃってたのかな…
あ、話が脱線しちゃいましたが、ラン☆カンの計算が間違ってなければ
C組はイタリアとウルグアイの勝ち点と、総得点、総失点が同じになっちゃたんです。
(南アフリカは中国と1-1で引き分けたため3位確定)
そういう場合は直接対決の勝者が1位ってことでいいんでしょ〜か?(誰に聞いてるんだ?)
それとも「トルコ・ルール」の3人PK戦をやるんでしょ〜か?

以下次号!(なんだそりゃ)
posted by ラン☆カン at 01:28| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学生にも注目してみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

2戦目も快勝!U16日本代表の夏。豊田国際〜!

8月13日(土)に行われた豊田国際2戦目の結果でっすぅ!
第一試合
U-16日本代表 3-0 U-16メキシコ代表
前半 3-0
後半 0-0
●得点
16分 FW 長谷部彩翔(アルビレックス新潟ユース)
30分 MF 鈴木 惇(アビスパ福岡U-18)
32分 FW 中野裕太(サンフレッチェ広島FCユース)

無失点で、グループAを1位通過〜!1戦目、ロシア代表に5-0で勝ったものの
「参考記録って考えてた方がいいのかも??」と思っていたのですが、
なんかよさげなカンジじゃないですか〜。

U16日本代表のメンバー表はここにありまっすぅ。


第二試合
U-16アメリカ代表 0-0 U-16韓国代表
前半 0-0
後半 0-0

*************************************
8月12日(金)に行われていた試合は、こんな結果。
第一試合
U-16名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜 3-3 U-16韓国代表
前半 1-1
後半 2-2
●得点
06分 ジュソンファン(U-16韓国代表)
39分 中田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
44分 キムジョンヒョン(U-16韓国代表)
49分 津田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
55分 中田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
59分 ジュソンファン(U-16韓国代表)

おおお〜!初戦、アメリカ代表とも接戦をやり、1-2で惜敗していた選抜チーム。
追いつかれちゃっての引き分けかあ…。でもすごい、がんばってます!

第二試合
U-16ロシア代表 3-2 U-16メキシコ代表
前半 2-1
後半 1-1
●得点
28分 フォーミンセミョーン(U-16ロシア代表)
30分 サウルサンドヴァル(U-16メキシコ代表)
34分 シェルバックデニス(U-16ロシア代表)
46分 カシーエフアミール(U-16ロシア代表)
66分 エドガールパチェコ(U-16メキシコ代表)

名前と名字の分け目がついてないのは、ラン☆カンの趣味って訳じゃありません…(汗)
***************************************

得点ランキングもあります〜!
2ゴール
  MF 清武弘嗣(大分トリニータU-18)
  FW 谷島央規(横浜F・マリノスユース)
  FW 中野裕太(サンフレッチェ広島FCユース)
  ジュソンファン(U-16韓国代表)
  中田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
  
  
1ゴール
  FW 長谷部彩翔(アルビレックス新潟ユース)
  MF 鈴木 惇(アビスパ福岡U-18)
  ジョズマーオルティドア(U-16アメリカ代表)
  マイケルベイツ(U-16アメリカ代表)
  キムジョンヒョン(U-16韓国代表)
  フォーミンセミョーン(U-16ロシア代表)
  シェルバックデニス(U-16ロシア代表)
  カシーエフアミール(U-16ロシア代表)
  羽根田(U-16名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
  津田(名古屋グランパスエイト・愛知県・豊田市高校選抜)
  エドガールパチェコ(U-16メキシコ代表)
  サウルサンドヴァル(U-16メキシコ代表)


8月14日(日)今日は、いよいよ最終日、順位決定戦 でっすぅ。

12:30  5位決定戦  U16メキシコ代表 - 名古屋グランパスエイト・愛知県豊田市高校選抜

14:30 3位決定戦  U16ロシア代表 - U16韓国代表

17:00 優勝決定戦  U16日本代表 - U16アメリカ代表
posted by ラン☆カン at 08:37| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | U18は2007大会をめざしてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外組のここ最近は…

◆ヒデ@ナカータ@中田英寿@ボルトン

「ナカタが好む車を用意する。寿司が食べたいというのなら用意することもできる。今、彼が好むものを調査中だ」
ボルトンのサム・アラダイス監督のコメント。じゃあ、お菓子と漫画と高級ブランド品を用意してもらおうかな…(笑)。推定年俸100万ポンド(約2億円)だそうです…ステキ♪

「ヒデが(望んでいた)イングランドへ行けるというのが一番うれしい。プレミアでやることでひと回り大きくなる。ヒデと(中村)俊輔が(英国で)大活躍してくれるのが楽しみ」
サブちゃん@川淵三郎キャプテンのコメント。イナ@稲本潤一もいますけどね。

「入団会見も英語でやるだろう。海外で活躍するには語学ができなきゃダメ、ということを(子供たちが)学ぶんじゃないかな」
これもサブちゃん。U-17の海外遠征の頃、英語でメニューを注文するヒデに、俺のも頼んで、と言った同輩は「自分でやらないとためにならないから」と断られたという逸話もありますね…。

「なるべく早く家を探した方がいい。安定したベースがあってこそサッカーに専念できる」
「新加入選手は言葉をまず覚える必要がある」
「うちのペースに慣れないといけない。テンポの速い攻撃を仕掛けるので、ボールを持ちすぎるとよくない。全員が守備も積極的にこなしている」
「オレに手伝えることがあれば、何でも気軽に言って欲しい。外国人の悩みは外国人が一番分かる」

オコチャ@ボルトン主将のヒデへのアドバイス。あんまり必要ないかもしれない(笑)。食事の美味しい店でも紹介してあげてください。オコチャとは右MFの座を争うことになるかもです。ちなみに、ヒデとオコチャの出会いはアトランタ五輪まで遡ります。96年7月23日の予選リーグ第2戦の対ナイジェリア。2-0で負けましたが当時としては五輪出場自体が28年ぶりだったわけだし、ブラジルには勝っちゃうし凄かったのよん! 揉め事も色々あったけれど…ね、西野さん?

「英語が上手なだけでなく、(教養、人間性など)あらゆる面で魅力がある。サッカーの技術面だけでなく個性すべてに感銘を受けた」
アラダイス監督のコメント。プレーも凄いけど個性も凄いからね…。就労ビザは無事取得でき、あとはメディカルチェックだけ。契約は15日辺りだそうでっすぅ。

◆ソウタ@平山相太@ヘラクレス

「もう何でも食べられるよ。日本食があったら食べたい」
アテローマは手術して良くなってきたそうでっすぅ。11日に、無事ヘラクレスと3年契約を交わしました。推定年俸は34万ユーロ(約4590万円)。結局、フェイエノールトの練習に参加している最中に声を掛けてきたヘラクレスと契約したわけですね。オガサやフクが海外に行きたくてもいけない状態になのに、ソウタはあっさりと…このままだとJに入らない高校生が増えてしまいそう(泣)

「アマチュアからプロへ、これからいろいろなことが待ち受けていると思いますが、アディダスと共に世界のトッププレーヤーを目指し、成長していきたいです」
アディダス・ジャパンとスポンサー契約もしちゃいました! Jには収まりきらない器だったのか…?! え〜と、スパイクはベッカムやツネ様と同じ『プレデターパルス』だそうです。

◆シュンシュン@中村俊輔@セルティック

「彼の左足は魔術だ」
セルティックのFWハートソンのコメント。そのせいか地元紙では“東洋の魔術師”などと言われているそうです。東洋の魔女のパクリ? 2戦目のフォルカーク戦ではそのハートソンにアシストもして、3-1でまた勝ちました〜♪ 試合前に2日も練習を休んだのにね…。次は20日、レンジャーズ戦。グラスゴー・ダービーなんだそうだ。

◆ヨシト@大久保嘉人@マジョルカ

「子供の顔を見れたから頑張れる。相当、可愛いかった」
クペル監督の心遣いで(?)一時帰国していたヨシトは10日マジョルカに戻りました。7月18日に生まれたばかりの長男、、碧人(あいと)君の写真を持ち歩いているらしいよ〜。

◆イナ@稲本潤一@ウエストブロムウィッチ

「イナのパフォーマンスには満足。全力で貢献してくれた」
ロブソン監督のコメント。13日の開幕戦、マンチェスターCとの試合に初めてスタメン出場しました〜! 昨年5月に怪我して以来、なかなか戻らなかったけれど、今は「いいコンディションをキープできている」と本人もご満足。W杯のメンバー争いの前に治してくる当たり…さすがですね?! 試合は0-0で引き分けましたが、イナはフル出場!

◆タカ@高原直泰@ハンブルガーSV

「ケガもあったし、まだ先発で起用しないという話をした。焦らずに落ち着いて(体調を)上げていけばいいと言われている」
13日のビーレフェルト戦はスタベンで出番はなしでした…。ケガ人が2人も出ちゃったから、しょうがないんだけどね…。チームは開幕2連勝です。

◆ヤナギ@柳沢敦@メッシーナ

「セリエA登録はサポーターと一緒に喜んだ。開幕まであと2週間。今年はサイドでプレーさせてくれると思う」
というわけで、今年はどうやら右サイドでプレーすることになりそう。「まあ、自分はFWの方が生かせると思いますけど、いろいろありますから」と、ご本人も納得…なのかな? チーム事情ってヤツですね。試合に出ていればそのうちチャンスは来るものですよね?

******************************

◆オガサ@小笠原満男@鹿島アントラーズ

オガサのレッチェ問題はこちら。

9日の話し合いの後、
「頭を下げて移籍をお願いした。だけど、そこまでしたのにチームはダメだと言い続ける。本来ならば向こうが残ってくれと頭を下げるべきなのに。今回のチームの対応にはがっかりしました」
などと納得いかない様子だったオガサです…。

11日、鈴木満強化部長と2度目の話し合いを行いました。約2時間に亘ったそうです。

「(レッチェに)行きたいというのが正直な気持ち。自分が望んでいることは、レッチェサイドが来て交渉に入ってくれること。席には着くと言ってくれた」

「選手には仕事先を選ぶ権利があると思う。高い評価をしてくれるところがあれば、そっちに行きたいというのが選手の気持ち」

「レッチェが本当に欲しいという気持ちを伝えてくれて、いい方向に話が進むのを待つしか方法はない」

「チームというより、満さんと人として1対1でいろいろ話した」

「頑張ってくれたし、いるメンバーでやるからお前は向こうに行ってもいい、と言ってほしかった。できることはやった」

「鹿島の気持ちを動かせるには、それしかない。あとはどちらになっても、自分は精いっぱいやるだけ。最終的にここ(鹿島)に残っても、一生懸命やりたい気持ちはある」

「このまま終わるのは残念。チーム間同士で1日でも早く」

「明日のことは分からないです」


ペトリッカさん曰く(?)、年俸は6000万円(推定)とのこと。レッチェが金額面での条件をクリアできているのかどうかは疑問です。
ですが、鹿島側から「(移籍金などの)条件は全く関係ない。(理由は)シーズン中だから」というコメントも出ているので、前回の中田浩二@マルセイユほどは酷くないのではないかという気もしてしまう…のですが。よくわかりません。

ただ、7月29日、オガサが東アジア選手権のために韓国に発った日に、鹿島はレッチェに断りのFAXを出しています。果たして、オガサはこのことを事前に知っていたのかどうか…(知らなかったんじゃないかな〜という気がしてしまいまっすぅ)。
この件に関しては、「この時期に移籍させるのは駄目と、(レッチェ関係者が)わざわざ来日する前に言わなければマナーに反する」とのコメントが出されています。う〜ん、わかるよ〜な、わかんないよ〜な…マナーとか言うけれど、結局チームはオガサを離したくない、それだけなんだよね。

「今年優勝するためにお前の力が必要なんだという話をした。あと3カ月たったら、考えを尊重するから頑張ってほしいと伝えた」

「オファーがあったら開示して話は聞く。しかし、オファーがきたら行ける、という認識の違いはあったかもしれない」

「来たらいくらでも話をする」


こちらは鹿島サイドのコメント。話はするけどシーズン途中では行かせてくれないわけです…(去年もそうでしたね)。ただ、鹿島側はラツィオの話があった去年から、一貫して同じ主張(シーズン途中はダメ)を繰り返しているので、それでも行けると思うオガサもちょっと…?

ペトリッカさんは職業は代理人だけれど、オガサと代理契約は結んでいないようです。
移籍先を探す委任契約、に留まっているようです。
ペトリッカさんとは別に、オガサは日本人の代理人を探したほうがいいような気がします…(泣) オガサがやっているのは、交渉とは言えませんから。

どちらにしろ、オガサがこの夏にレッチェに行くことはかなり厳しいようです。鹿島サイドは態度がはっきりしていますから。温情で行かせてくれる…ということにはなりにくそうです。
ということは、オガサは来期の契約を更新しないでしょう…。
posted by KANKAN at 08:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 本日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

今日はナビスコ準々決勝・第2戦が2試合ありまっすぅ

「磐田はスロースターター。最初のチャンスで決めて、主導権を握りたい」
まきまき@巻誠一郎。ナビスコ準々決勝第2戦、磐田−千葉は本日13日に行われます。第1戦は3-2で千葉が先行。代表7人が集まる注目試合はどうなるかな?!

「畳み掛けたい。リーグ戦でも毎年優勝争いをする相手。今後のために苦手意識をトラウマに変えたい」
これもまきまき。03年のオシム就任以来、3勝2分1敗と磐田との相性は抜群!

「夏も食欲が落ちず、体重維持に困るくらい」
夏生まれ(80年8月7日生)のまきまきは、寮飯のお代わりを重ねてオシムに「お前は相撲取りか?」と言われたことがあるそうです…。

「明日も暑いでしょうけど、いつも以上に、いつも通り走りまくる。それが代表に向けて最高のアピールになるはず」
まきまきだけでなく代表組にとって今日のナビスコは、17日のイラン戦スタメンに向けての格好のアピールとなります!

さて、磐田組は…。

「あのときはジュビロとしての形がまだできていなかった。今はチームとしてよくなってきているから、今回は負けません」
ムライ@村井慎二。古巣対決では劣勢が続いてますね…。

「戻ってきてすぐにチームで練習。代表って大変」
これもムライ。代表組はホント大変! 代表を優先しすぎるとチームと軋轢が起こるしね…。

「向こうも1戦目とメンバーが変わると思うけど、今度こそ勝ちたい」
チャノ@茶野隆行。こちらも古巣対決に燃えております! 4月の対戦ではイエロー2枚で退場しちゃったから、尚更?!

「入りのところで彼(ゴンちゃん@中山雅史)の戦う姿勢がチームにいい影響を与えてくれる」
人間力@山本昌邦監督のお言葉。スロースタート防止のため、ゴンをスタメン起用か?!

「(千葉は)スタートから相当飛ばしてくる。そこをどうしのぐかでしょう」
ゴン@中山雅史。ホット6では4試合に先発してまっすぅ。67年9月23日の生まれのゴンは、来月には38歳になりますが…。以前、「もっと動けと言われれば動くし、走れと言われれば走る。でも、年齢を言われてダメだと言われたら、何もできない」と仰られてたのが印象的でした…。ゴンは幾つになっても走ります〜!

次は大阪ダービー! 第1戦は3-0でガンバが勝利しました。

「どんな形であれ2戦目は出たい。足はちょっと痛いけど頑張ります」
オグリ@大黒将志。西野さんは休養のためベンチに入れない方針だったけど、オグリは12日の練習前に「出たい!」とアピールしたそうです。西野さんも「今日は吹っ切れていた。途中出場? そういう感じ」とコメントしています。

「先に点を取って前半で決める。
守って勝つチームじゃない。先に1点取ればほぼ確実になる。前半で決められる試合にしたい」

ヤット@遠藤保仁。

「完全に挟まれていた。今度、同じようなことがあれば、ジーコに言いに行く。
僕だってチャンスを待っている身なんでね。試合に出たいって言いますよ」

これもヤット。東アジア選手権で出場機会が少なかったことについて。珍しく(?)強引な発言でっすぅ。

「代表とナビスコ杯は違うが、常にジーコも見ているでしょうしね。
いいパフォーマンスをすればチャンスもくるはず」

ヤット@遠藤保仁。イラン戦出場に向けてアピールしたい代表組!

「第1戦より点差をつけて勝ちたい。相手が攻撃的に来るなら、こっちは超攻撃的にやってやる」
西野朗@ガンバ大阪監督。この方はいつでも強気でっすぅ。ツネ様@宮本恒靖はベンチスタートの予定。

さて、対するセレッソは…。

「また混むの? どうしようもないよ。大幅に早く(宿舎を)出発しないといけないかもな」
小林伸二@セレッソ大阪監督。前回7月23日はバスが渋滞に巻き込まれて30分以上遅刻してしまい、監督自ら自転車で駆け付けたそうでっすぅ。98年のダービーでは、当時の松木安太郎監督も遅刻したそうですね…。セレッソのそんなところが好き…(←?)ちなみに、モリシ@森島寛晃はベンチスタートの予定。あと、8月11日にダイ@多田大介が入籍しました♪ ちなみにその日は自分の23歳の誕生日…忘れないで済むからいいのかも?!

「若い時にはやったことはあるけど、ここまでは初めてかな。ヤンチャっぽくしたよ」
アキ@西澤明訓は金髪に染めてダービーに挑みます。「3、4点取るつもりで行く。もう後がない」と気合充分! ちなみに西村GMは取材人に「あの金髪が新しい外国人選手ですよ」と言って遊んでいるらしい…やっぱり、セレッソのそんなところが好きかも(笑)

**********************************

「オレ、Aマッチでは負けなしなんですよね」
モニ@茂庭照幸。「ジーコ監督は結果重視の人だから」とAマッチ5試合中、4勝1分の勝率でイラン戦出場をアピール! 「まだ自分の持ち味の対人プレーの強さを十分に見せていない」と気合充分なモニでっすぅ。

2006年にはフットサル・アジアクラブ選手権!
フットサルも着々と基盤作りが進んでいます。
クロ@黒部光昭が出資したシーサイドフットサルもヨロシクでっすぅ♪

「鳥栖で待っている人には悪いけどね。仙台(のアウェー席)は完売らしいね」
カズ〜@三浦和良の鳥栖自費遠征企画は、20日の仙台戦出場に向けて調整が必要なため流れてしまいました…。ことごとく運の悪い鳥栖…もっとサッカーが根付くといいのだけれど。

「(復帰に)10日以上はかかる」
浦和のブッフバルト監督のコメント。タツヤ@田中達也について。イラン戦の出場は、やはり厳しいようですね…。

「日に日に良くなっている。(15日からの)代表合宿には行きたい」
タツヤ@田中達也のコメント。もともと20日のFC東京戦は出場停止なので、出られるのは24日の神戸戦以降となります。
posted by KANKAN at 17:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

勝ったよ〜!ユニバ代表、グループリーグ突破決定!

トルコのイズミルでは、現地時間の11日、華やかに
「第23回ユニバーシアード競技大会」開会式がおこなわれました〜。

050811_flag.jpg

オリンピックなみにすごいんですね…出し物(とは言わないだろう)。
anatolia_1.jpg anatolia_1.jpg anatolia_3.jpg
☆聖火が灯り、選手宣誓が終わった後「Anatolia」という歴史絵巻物語がくりひろげたそうです。
モーセ?マルコ・ポーロ?トロイの木馬?


050811_lighting.jpg 050811_fire.jpg

んで。一夜明けた今日12日。現地時間10時から
日本代表対アイルランド代表、キックオフです。

時差は6時間。日本時間では夕方4時です。

そしてそして、駒スポで初戦同様速報やってくれますーーーー!
えらい!駒スポ!ビバ駒スポ!
ラン☆カンごひいきHPでっすぅ。

今日の中盤はどうかな…機能するかな…
このチームは、練習試合の時から点取るのはジュンゴ@藤本淳吾ばっかりなので、
FWの奮起を期待するっつーか、命令します!「取れ」。

それにしてもユニバ日本代表、名前をピックアップすると…
小宮山尊信
登尾顕徳
廣井友信
金澤大将

どんな時代劇ですか!?ってカンジだよね(笑)
クラセンのメンバー表とテイストが違いすぎる〜。

スタメン〜!********************************

12 GK 時久省吾  早稲田大3年 大津高
2  DF 徳永悠平  早稲田大4年 国見高 U23日本代表
3  DF 小宮山尊信 順天堂大3年 市立船橋高
4  DF 秋葉陽一  筑波大4年 浦和ユース
5  DF 登尾顕徳  福岡大4年 鹿児島実業高
7  MF 伊野波雅彦 阪南大2年 鹿児島実業高 U20日本代表
8  MF 兵藤慎剛  早稲田大2年 国見高 U20日本代表
14 MF 衛藤 裕  福岡大4年 東福岡高
15 MF 金澤大将  東京学芸大4年 藤枝東高
9  FW 赤嶺真吾  駒澤大4年 鹿児島実業高 FC東京強化指定選手
19 FW 巻 佑樹  駒澤大学3年 国見高

【SUB】
1  GK 赤星 拓  福岡大学3年 福大大濠高
18 GK 飯塚 渉  流通経済大2年 静岡学園高
6  MF 池上礼一  仙台大4年 習志野高 FC東京強化指定選手
13 DF 廣井友信  駒澤大3年 前橋育英高
10 MF 藤本淳吾  筑波大4年 桐光学園高 U21日本代表・清水エスパルス強化指定選手
16 MF 辻尾真二  中央大2年 初芝橋本高 U21日本代表
11 FW 原 一樹  駒澤大3年 市立船橋高 U20日本代表候補・前ユニバ代表
17 FW 小松 塁  関西学院大4年 高知追手前高 セレッソ大阪強化指定選手
20 FW 高橋大輔  福岡大4年 柳川高 04デンソーカップMVP


中盤と前線、入れかえてるーーー!
池上くんとジュンゴ外して、ひょっくん@兵藤と金澤くんが
そして、まきまき弟@巻佑樹と赤嶺くんがスタメンだっ。
どうどう??得点のにおいする?

*************************************
やっぱりジュンゴーーーーーーー!!!!!

日本代表 1-0 アイルランド代表

14 MF 衛藤 裕  福岡大4年
→41分 10 MF 藤本淳吾  筑波大4年
19 FW 巻 佑樹  駒澤大学3年
→57分 17 FW 小松 塁  関西学院大4年
4  DF 秋葉陽一  筑波大4年
→78分 13 DF 廣井友信  駒澤大3年


得点 61分 藤本淳吾 (アシスト=金澤大将)

posted by ラン☆カン at 15:53| 東京 🌁| Comment(17) | TrackBack(1) | 大学生にも注目してみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オガサ@小笠原満男のレッチェ問題

「わがままだと言われたし、残りのシーズンだけやって、出てってくれと言われた」

レッチェ問題…オガサと鹿島の間に生まれた確執。
え〜と〜、15日の代表招集までオガサに特別休暇を与えているという話だった鹿島ですが…それも確執ゆえだったのかしら…?

さて、オガサ@小笠原満男のレッチェ問題を整理してみたいと思いまっすぅ。
まずは時系列でこの問題を把握してみましょう。

*****************************

オガサが鹿島に対し、初めて海外移籍を求めたのは2003年12月16日の契約更改の時と言われています。
この時は3年契約の2年を経過したばかり(つまり契約は2005年1月まで)だったらしく、
単にオガサが海外移籍の希望をチームに伝えたというだけです。

「鹿島が嫌で出ていきたいんじゃない。レベルの高いところでやってみたい。
(移籍について)いろんな人の話を聞いてみたい」

オガサの海外移籍に関するコメント。なにぶん無口なオガサなので、その後もこのコメントが使い回されていますが…。

その後1年の間にペルージャ・メッシーナ・フィオレンティーナと噂だけはありましたが、あくまで噂です。

さて、比較的、具体的だったのがラツィオ。2004年11月に“獲得を考えている”と報道されました。

この時、鹿島の鈴木満強化部長は、
「具体的なもの(オファー)が来たら、話を聞くことになる」
と柔軟な姿勢を見せており、
「タイトルを獲りすぎた影響なのか、最近は昔のがむしゃらさがない。
ひと皮むけるためにも、海外に行った方がいいのかもしれない」

などとも言っていました。
牛島洋@鹿島アントラーズ社長も、出場機会が得られるクラブから金額的に納得のいく(オガサと同等の選手が得られるような金額)オファーであれば移籍を容認する、と言っていました。

また、11月28日に豊田スタジアムで行われた名古屋−鹿島戦をオベルト・ペトリッカ氏が観戦し、オガサと話がしたいとチームに申し入れました。ペトリッカさんはヤナギ@柳沢敦の代理人で、イタリア代理人協会の会長をしていたこともある方です。
これに関するオガサのコメントは、
「チームに任せてある。魅力的な話があれば考える」
でした。この後、オガサはペトリッカさんと“海外移籍先を探す委任契約”を結んだものと思われます(代理人契約ではないようです)。

2005年6月、ラツィオのクラウディオ・ロティト会長とペトリッカさんが会談を行いました。
正式オファーはまだです。

「内容は交渉が完了するまで話すことはできないが今、懸命に交渉している」
クラウディオ・ロティット@ラツィオ会長のコメント。

「小笠原に海外行きの願望があるのは知っているがイタリア側からは打診もない。
もし話があっても、チームの中心である彼を放出するつもりはまったくない。
シーズンが終わってからなら分からないけど」

鈴木強化部長のコメント。

で、この辺でラツィオの話は途切れます…。

そして、次にオガサ獲得の意思表示をしたのがレッチェです。

レッチェはW杯予選やコンフェデで活躍したオガサに興味を持ち、クラブ幹部が7月13日の名古屋戦を視察に訪れました。

「相手側のどういった人が来るのかも分からない。
今のチーム事情から小笠原を出すわけにはいかない」

この時点での鈴木強化部長のコメント。

7月14日、レッチェのクラブ幹部、ペトリッカさん、鹿島関係者が3者会談を行いました。
この時に鹿島側は、シーズン途中での移籍は認めない旨を伝えたようです。

「1度は海外でやりたい気持ちがある、とはクラブ側には言ってあるけど、今は次の試合を頑張ることしか考えてない」
15日のオガサのコメント。報道では“小笠原がレッチェ移籍を拒否”と書かれもしましたが、後日のコメントを見る限り、拒否したわけではなさそうです。言葉足らずなために誤解されがちなオガサです…。

7月23日、『コリエレ・デロ・スポルト』は、レッチェがオガサに正式オファーを出したと報じました。
同紙によれば、オファー総額350万ユーロ(約4億7250万円)、1年間のレンタル後に完全移籍のオプション付、ということでした。

オファーは22日に鹿島に届き、オガサ本人にもその日に伝えたそうです。

「昨日(22日)届いて本人に伝えた。細かいことは言えない。放出拒否の方針? 変わらない」
鈴木強化部長のコメント。

「今の段階では、何も具体的なことは言えない。
やっぱり、向こう(レッチェ)からの話を聞きたいし、クラブ(鹿島)ともある程度話しているし。
結果として、自分の気持ちがどうなるか決められればと思う」

オガサのコメント。

7月24日、鈴木強化部長が報道されている金額(350万ユーロ)に対し、
「言われているような条件とは全然かけ離れているし、事実無根」
とコメント。また、
「オファーに不透明なところがあるので確かめたい」
とも言っています。さらに、
「本人もいつかは海外に、という気持ちがあるし、オファーがどういうものか知りたがっている。直接話さなければダメだろう」
と言っていましたが、オガサは25日から代表合宿。その間に話す時間を持てたのかどうかは不明です。

「われわれは彼を追っているところだ。交渉がどちらに転ぶかはまだ分からない」
レッチェのレガリア強化部長のレッチェ公式サイト上でのコメント。それまでのレッチェ幹部がこの方だったのかどうかはわかりません…。

「(レッチェは)きちんと運営されたクラブの1つであり、他の外国籍選手をセリエAの環境に適合させるには理想的なクラブだろう」
ペトリッカさんのコメント。メッシーナやジェノバなど、イタリアのクラブに色々と問題が出てきているので、レッチェを擁護したようです。

7月25日、移籍金額に関する鹿島関係者のコメントがありました。
「彼の価値を考えると、お話にならないくらい安い」
具体的な金額は明かさず、マルセイユへ移籍した中田浩二と同じくらい、と示したそうです。
20〜40万ユーロではないかと報道されました。

7月28日、レッチェが獲得を断念したと報道されます。
ペトリッカさんが
「レッチェが小笠原を必要としているのは今で、シーズン途中となる1月からではない。
移籍の成立は極めて難しい」

とコメントしたことに由来しているようです。

7月29日、オガサは東アジア選手権の開催国、韓国へ向かいます。移籍に関するコメントはありませんでした。
また同日、鹿島はレッチェに対し、オガサの今期中の放出に関して、正式に断る旨のFAXを送りました。

7月31日、次のような報道がなされました。取材は恐らく30日だと思われます。

『クラブ(レッチェ)は鹿島から今夏の移籍を断る旨のFAXを受け取った。
この内容を鹿島側に最終確認すると同時に、交渉の余地があればセメラーロ会長が8月中にも来日して交渉するつもりだと明かし、小笠原獲得へ執念を見せた。
鹿島が希望している来年1月の移籍について、レッチェ側は「チームが出来上がっているから」と消極的だ。』

8月8日、オガサ帰国。珍しく(?)はっきりとコメントを出しました。
「明日、社長と強化部長と話をします。(海外移籍を含めた今後の)話をすることになると思います」

「彼(オガサ)が近日中に鹿島幹部と話すことは知っている。今回が大きなチャンスになるだろう。
ダメなら来年1月も含め、今後レッチェがアクションを起こすのは難しくなる」

ペトリッカさんのコメント。8日より少し前のものかもしれません。

8月9日、オガサ、牛島社長、鈴木強化部長による話し合いが行われました。約50分だったそうです。

<牛島社長のコメント>

「最低3、4カ月は鹿島で頑張ってほしい。8月には出せない(と伝えた)。
(今季後の移籍は)シーズンが終わってから考えること」


<オガサのコメント>

「(レッチェに)行きたい。いろいろなことを判断し、今行くのが自分にとって1番いい。でも、急に出せないって言われ、納得できない」

「オファーがあれば行かせてくれると聞いてきた。急に出せないというのは納得がいかない。鹿島の方の話が変わってしまっている」

「(以前から)海外からオファーが来たら行かせてくれと話し『分かった』と言ってもらっていた」

「自分としては行きたい気持ちがあるので話をしにきた。家族も理解してくれている」

「わがままだと言われたし、残りのシーズンだけやって、出てってくれと言われた」

「W杯がすべてではない。もちろん、出て頑張りたい気持ちはあるけれど。(移籍が)リスクだとも思っていない」


10日、ペトリッカさんがコメントを出しました。

「今後も話し合いは続けると聞いている。
鹿島側に変なプレッシャーはかけたくないし、クラブの考えを尊重した上で結論を出してほしい。
ただ、移籍するのであればレッチェ側にも準備期間が必要。
15か16日までには動きださないと」


オガサは15日の代表招集まで、“特別休暇”を与えられ、鹿島の練習には参加しないこととなっています。

*****************************

鹿島側は、オガサの海外移籍に関して3つの条件を明らかにしています。

@シーズン途中での移籍は認めない。

A移籍金額は、オガサと同等の選手を獲得できるものであること。

B(オガサが)出場機会を得られるクラブであること。

中田浩二のマルセイユ移籍のときに、契約期間と移籍金で揉めた(というか痛い目を見た?)鹿島が、同じ轍を踏まないようにと頑なになるのはしょうがないのかもしれません。
海外移籍に応じれば、必ずと言っていいほど、日本のクラブチームは損をしますよね…。
が、上記の3つの条件を飲めるチームはまずないと思います。Bはともかくとして。

@の日本と欧州で移籍期間が異なっていることも問題ではありますが、
何よりAのお金の問題…。
ラツィオにしろレッチェにしろ、日本の代表クラスの選手を獲るお金はありません。
だいたい、日本選手を欲しがるのは、お金に困っているチームが多いわけで…。
もっとも、一度Jに入ってしまうと、代表でなくとも移籍金はかなりの高額になってしまいますが。

こうなると、ソウタ@平山相太は賢明だったのかもしれません。
大学だったら移籍金の問題は起きないし、自分に自信があるのなら、無名なうちに海外に行く、というのが得策かも…?

選手の海外志向の強さというのも何だか困りものでっすぅ。
Jリーグに所属しておきながら、Jリーグを軽視するというのは…どうなんでしょう?
海外に行きたいという気持ちだけなら分かるんだけどね。もっと上手くなりたい、もっと強くなりたいという向上心の現れ、かな…?
Jリーグは本当に多くの問題を抱えているわけです。まあ、どこの国でもいろんな問題があるのでしょうが。

Jリーグ自体の評価が低いのは言うまでもないことです。
今、実際に試合をしたらどうこうというのではなく、実績がなさ過ぎるのです。
そういう意味ではACLで結果を出して世界クラブ選手権へ出場し、リーグ全体の評価を上げることは急務だと言えるでしょう。
代表が結果を出すのも大事だけれど、Jから初めて海外へ出るとき、Jの高額な移籍金(国内で見れば適正かも?)は大き過ぎる障害です。
日本が他のサッカー先進国に比べて経済的に豊かであることに起因しているわけですが…。

何だか、話が逸れてしまいました。オガサの問題に戻りましょう。

近日中にまた話し合いがもたれるらしいレッチェ問題。
まず、鹿島は考えを変えないのではないかと思います。
なにせ、鹿島の言い分は正当性があるわけです。
契約が1月までである以上、途中での移籍は認めなくてもいいわけだし、適正な移籍金を要求するのも当然。
クラブチームの経営はビジネスですから。

ただ、細かく言えば突っ込みどころはありますが…。

・鹿島はオガサが以前から海外に行きたがっていたことを知っていた。
・上記の条件を飲めるチームがまずないだろうことも承知していると思われる。
・その上で、オガサに対し海外移籍を認めると言い、契約交渉を有利に進めてきた。

てな感じでしょうか。オガサがチームに不信感を持つのもわかるような気がします…。

今まで、良く言えばチームの方針に素直に従い、悪く言えば様々なことをチーム任せにしてきたオガサです。
オガサが海外に行きたいという自身の想いを貫くか、それとも諦めてチームへの献身を誓うのか。
チームへの不信感から、試合には出るけど今までのようなプレーはできずクサってしまう…というのだけは止めて欲しいと思うKANKANです。

*****************************

最後にヤナギ@柳沢敦が、2004年末(オガサのメッシーナへの移籍が報道された頃)に語ったと言う言葉で話を締めたいと思いまっすぅ。

「移籍というのは“タイミング”なので、タイミングが合わないと行けるチャンスがあっても逃してしまうことがあります。
彼が行きたいと思った時にうまくタイミングが合えば、あまり周りのことは考えず進むべきだと思います」



後日談はこちらの下のほう。

2005年08月11日

豊田国際。圧勝だよん!U16代表〜。

第一試合
U-16ロシア代表 0-5 U-16日本代表
前半 0-2
後半 0-3
●得点
前半 15分 MF 清武弘嗣(大分トリニータU18) 
   20分 FW 中野裕太(サンフレッチェ広島FCユース)
   48分 MF 清武弘嗣(大分トリニータU18)
   65分 FW 谷島央規(横浜F・マリノスユース)
   74分 FW 谷島央規(横浜F・マリノスユース)


第二試合
U-16名古屋グランパス・愛知県豊田市高校選抜 1-2 U-16アメリカ代表
前半 0-0
後半 1-2
●得点
   48分 マイケルベイツ(U16アメリカ代表)
   51分 ジョズマールオルティドア(U16アメリカ代表)
   79分 羽根田(U16名古屋グランパス・愛知県豊田市高校選抜)


明日は
U-16名古屋グランパス・愛知県豊田市高校選抜 VS U-16韓国代表
U-16ロシア代表 VS U-16メキシコ代表
の2試合が行われます。

ちなみにU16日本代表に選ばれていた、GK 廣永遼太郎くん(FC東京U-18)が
チーム事情のため辞退。かわりに
GK 兼田亜季重 KANEDA Akishige 1990.02.26 182cm/73kg サンフレッチェ広島F.Cユース
が選ばれていまっすぅ。

…東京のチーム事情って、もしかしてこれですか?↓

FC東京U-18の高校1、2年生が、スペインのカスティーヤ・ラ・マンチャ州の
シウダード・レアル市とその近郊で開催される17歳以下の国際大会に参加す
ることとなりましたので、お知らせします。
この大会は、小説『ドン・キホーテ』 の400周年記念イベントの一環として、
かつてのスペインの名プレイヤー、マニュエル・サンチェス氏が提唱し、カ
スティーヤ・ラ・マンチャ州教育省が主催となり行われる大会です。参加チ
ームは、地元スペインの3チームと世界各国より招待された9チームにより開
催されます。
                                      
□遠征期間/2005年8月13日(土)〜8月23日(火)
 ※予選リーグ敗退の場合は8月19日(金)に帰国
□参加チーム
グループ1:FC東京、レアル・マドリッド(スペイン)、
      FCポルト(ポルトガル)、サントスFC(ブラジル)
グループ2:FCバルセロナ(スペイン)、アンデルレヒト(ベルギー) 、
      ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)、カジスポーツ(カメルーン)
グループ3:アルバセンテ(スペイン) 、ユベントス(イタリア)、
      プーマス(メキシコ) 、U-17中国代表

ちょっとまてーーーーい!すんごい面白そうなチームが揃ってるじゃないですかーーーー!
見てみたいいい!…U17・16だけどね(笑)バルサで言うなら「フベニルB」チーム。


U16日本代表のメンバー表は
「明日からはじまっちゃう!!!(でも試合は11日からだった…(汗))」
にありまっすぅ。
posted by ラン☆カン at 22:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | U18は2007大会をめざしてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外組やらナビスコやら競馬やら…俊輔は本物だし、中田ヒデはプレミアへ!

東アジア選手権に夢中になっている間に、色々とあったようですね…。

「(チームづくりの)最終段階の前に1度、ジーコも見に行った方がいい。10月の東欧遠征前後でもいい」
サブちゃん@川淵三郎キャプテンのコメント。松井大輔@ルマンを始めとする欧州若手組も見て欲しいと勧めてまっすぅ。

「見に来て欲しいっすね。刺激になるし、励みにもなりますから。(W杯は)やっぱり意識してますからね」
「(代表に)呼んで欲しいっすよ。やっぱり(試合に)出てゴール決めるのが一番いい(アピール)っすよね。(開幕戦の)デポルティボはやりやすい相手だしね」

大久保嘉人@マジョルカのコメント。サブちゃんがジーコに欧州視察を勧めていることについて。開幕戦は27日か28日だそうです。

サッカーと競馬と温泉が好きな方はこちら。
JRAの美浦トレセンが上記のセットを販売してます。全部に興味があったら結構お得なセットかも?

「試合に出場するのが一番だけど。鳥栖が待っているから」
6日の山形戦で捻挫したカズ〜@三浦和良は13日の鳥栖戦ではベンチから外れる可能性が高いそうです。が、ご本人は遠征メンバーに漏れても自費で行けるようチームに申し込んでいるそうです…。さすがカズ〜(泣)

「彼との間には、もう何の問題もない。優勝するための手助けをしたい」
磐田から横浜へ移籍したグラウが、10日のチーム練習に初参加しました。上記はテツ@榎本哲也に対するコメント。2003年の2nd最終戦で、エノテツはグラウと揉めて退場しましたから…。横浜は14日、ナビスコ準々決勝第2戦・対大宮を迎えます。

「ナビスコ杯では、僕は後方にべったり。攻め上がりませんよ」
千葉−磐田のナビスコ杯準々決勝第2戦は13日(1戦目は3-2で千葉が勝利)。上記はユウキ@阿部勇樹が東アジア選手権の最中によっちゃん@川口能活に語ったという言葉。が、10日の練習試合ではカウンター時に攻め上がりシュートも放っていたそう…。時間が経てば人の気が変わるのはトーゼンよね…駆け引きだという説もあるけど(笑)

「自分も向こう(パラグアイ)では寂しい思いをしたから」
千葉−磐田のナビスコ準々決勝第1戦の決勝点となる3点目を決めた要ちゃん@要田勇一。コミュニケーションが取れず悩んでいたガブリエル・ポペスク@31歳にスペイン語で話し掛け、連休中すらクラブハウスでパソコンばかりして引きこもりがちだったポペを街へ連れ出しリフレッシュさせていたそうです…(涙)ポペは「最近は映画やバッティングセンターなんかに連れてってもらった」と喜んでまっすぅ。

「大丈夫じゃないです」
ソウタ@平山相太@ヘラクレスが、持病のアテローマでダウン…またですかあ(泣)。

「中村は本物だった」
シュンシュン@中村俊輔が6日のダンディーU戦でスコットランドリーグデビュー! 先発出場して84分間プレーしてMOMも獲得! チームは2-0で勝利し、見せ場は山ほどありスコットランドでは各スポーツ紙が1面で絶賛したのは当然?! 上記はイングランドの高級紙サンデータイムスのコメント。ご本人は「まだ全然動けてないし、これからもっとよくなると思う」と冷静でっすぅ。

「フィレンツェでは試合に出場できないから、他のチームでプレーしたいという中田の意思を尊重することにした」
フィオレンティーナのコルビーノ技術部長のコメント。ヒデ@ナカータ@中田英寿がプレミアリーグのボルトンに1年間のレンタル移籍となりました! 就労ビザの問題が残っているけど見通しは良さそうとのこと。フィオレンティーナのプランデッリ監督との確執の影響で、ヒザが全快しても出場が難しいのではないかと噂されていましたが、ボルトンのアラダイス監督は「中田の獲得に動いているのは事実だ。私は彼を高く評価しているし、加入すれば大変素晴らしい」と期待を抱いているようです。ペルージャへ渡ったのが98年だから、もう丸7年になるんだなあ…(感慨深)。ご本人も「新しいサッカーや文化に触れてみたい。(移籍)希望はいつも持っている」と言っていたそうで、新天地で新たな活躍を見たいところです。

メッシーナ、セリエA登録確定!
どうなることやらと思っていましたが、ヤナギ@柳沢敦もこれで一安心…。で、結局、税金はホントに未納だったの? よくわからないでっすぅ。ちなみに昇格予定だったトリノは税金未納などのためにダメで、代わりにセリエBの5位だったトレビソが昇格らしい。八百長によりセリエC1への降格が確定とされていたジェノアは、地方裁判所への再審請求が認められ16日の再審まで保留となりました。アスコリはどうなるんだ…。


オガサ@小笠原満男のレッチェ問題については、後日ゆっくりと…。
posted by KANKAN at 21:44| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 本日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まきまき散髪! ガンバ組は大波乱?!

「美容師さんもジーコ監督に言われたことを知っていて『じゃあ、切っちゃおうか』ってことに」
まきまき@巻誠一郎。前髪を5cmカット! 襟足もボリュームが減ったそうでっすぅ。

「僕には僕の役割があるが、選ばれるだけでなく結果を出したい。ゴールを決めたい」
も一つ、まきまき。

**********************************

「(代表は)1人1人のレベル、意識が思った以上に高くて面白かった。
イラン戦はたぶん主力メンバーでいくと思うけど、そこに少しでも入っていければ。
三都主? いい選手なので、簡単にはポジションは取れないと思いますけど、負けないように頑張りたい」

ムライ@村井慎二

「真ん中をやってプレーの幅が広がった。いいアピールはできたので、今後につなげていきたい」
チャノ@茶野隆行

「下からの突き上げ? そういうのはないけど、人数が増えてチームが強くなればいい」
フク@福西崇史

「1位通過と2位は違うので(イラン戦は)絶対勝ちたい。もちろん出る準備をする」
よっちゃん@川口能活

13日にはジェフ千葉とのナビスコ杯準々決勝第2戦も控えるジュビロ磐田の皆様。古巣との対戦に、チャノ@茶野隆行は「4月は負けているし、また古巣に負けたくないですから」と意気込んでました!

**********************************

「イラン戦に出られるようにコンディションを整えておきたいと思っています。
勝てば1位通過でW杯に行けるんでね。頑張ります」

ヤット@遠藤保仁。帰国の次の日(9日)はチームからお休みを貰ったのにも拘らず、室内トレーニングを行ってコンディションを整えていました〜!

しかし……ガンバ大阪監督@西野朗氏は甘い方ではないのです…(怖)

「状態は決していいものではない。代表でもそうだけど、チームでもレギュラーを与えているわけではない」
あちこち痛めているオグリ@大黒将志に関して。13日のナビスコ杯準々決勝第2戦・C大阪戦への出場は微妙だそうです。

「これからは2人の競争でどちらかが出ることになるだろう。無理に2人を同時に使うことはない」
シジクレイ@ガンバ主将@33歳と、ツネ様@宮本恒靖@代表キャプテンに対して。どちらもリベロが本職だけど、今まではツネ様がリベロでシジクレイがボランチをやっていました。が、ハシ@橋本英郎@ガンバのダイナモの調子が良いため、ボランチはヤット&ハシにしてシジクレイはツネ様とリベロの位置を争うことになったそうです…。ホント厳しい人だわ…。

さらに10日の紅白戦でもオグリとツネ様を控え組に入れ、
「内容も結果も出している第1戦(3-0)のメンバーで基本的には行きたい」
とコメント。2人ともイラン戦を控えてチームでも活躍してアピールしたいところなのにね…なぜ足を引っ張るようなマネを? 代表のことばかり言ってないで、チームに集中しろ!ってことかしら…?

「メンバーは監督が決めること。(先発で)出たいが、今は治すことを優先してコンディションを戻したい」
オグリ@大黒様@大黒将志のコメント。代表でスタメンから外されたばかりの2人にこの仕打ち…。西野朗、健在って感じ…(恐)。

**********************************

「同じようにリハビリや練習をやるなら、高いモチベーションでできる代表に行った方がいい。『病は気から』と言うし」
浦和の中村強化部長のコメント。タツヤ@田中達也は15日から始まる代表合宿に参加する見込み。てっきり、タツヤの代わりに別の選手を選ぶだろうと思っていたけれど、どうやら違うようです。試合出場が微妙でも代表から外さずにベンチに置いておくという、ジーコの達也さんへの強い思い入れを感じまっすぅ。また、浦和の仁賀定雄チーム・ドクターは「自力で動けている。回復は早い。直前まで様子を見て、治療とトレーニングを続けて(試合出場の可否を)判断したい」とコメント。浦和側が試合出場を制限する可能性もあります。KANKANもムリはして欲しくないでっすぅ。
posted by KANKAN at 15:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初戦をゲット!ユニバーシアード・イズミル大会。(写真追加)

ひゃほ〜い!2-1で日本代表がタイ代表に勝利〜!
日本の得点は44分と54分にジュンゴジュンゴーーー!@藤本淳吾でっすぅ!!
失点は89分。

スタメン〜!

050810JPN-THA_1.jpg

1  GK 赤星 拓  福岡大学3年
2  DF 徳永悠平  早稲田大4年(U23日本代表)
3  DF 小宮山尊信 順天堂大3年
  →70分:16 MF 辻尾真二  中央大2年(U21日本代表)
4  DF 秋葉陽一  筑波大4年
5  DF 登尾顕徳  福岡大4年
6  MF 池上礼一  仙台大4年(FC東京強化指定選手)
  →56分:8  MF 兵藤慎剛  早稲田大2年(U20日本代表)
7  MF 伊野波雅彦 阪南大2年(U20日本代表)
10 MF 藤本淳吾  筑波大4年(U21日本代表・清水エスパルス強化指定選手)
14 MF 衛藤 裕  福岡大4年
17 FW 小松 塁  関西学院大4年(セレッソ大阪強化指定選手)
  →86分:19 FW 巻 佑樹  駒澤大学3年 
20 FW 高橋大輔  福岡大4年(04デンソーカップMVP)
  →47分:9  FW 赤嶺真吾  駒澤大4年(FC東京強化指定選手)

[SUB]
12 GK 時久省吾  早稲田大3年
18 GK 飯塚 渉  流通経済大2年
13 DF 廣井友信  駒澤大3年
15 MF 金澤大将  東京学芸大4年
11 FW 原 一樹  駒澤大3年(U20日本代表候補・前ユニバ代表)


050811JPN-THA_2.jpg

050811JPN-THA_3.jpg

050811JPN-THA_4.jpg

ちなみに優勝した前回2003テグ大会の初戦は、対戦相手のナイジェリアが
当日不参加!(韓国入りせず)なんと不戦勝でした…

で、試合の状況はと言うと*************************
「実力、経験共に過去最高」と乾監督が評価する今年のチーム。
てっきり日本が主導権を握る展開で余裕の2-1だと思っていたら、違ったみたい〜(汗)
全員がU21代表!というタイ相手に、ひやひやの連続だったとか…
試合は終始タイのペース。タイの個人技やスピードが日本を圧倒して、
中盤でボールをつなげず、両サイドが走り負け。縦への突破を許しまくり。
攻め込まれる時間がつづく中、DF陣の連携ミスやクリアミス続出…。89分の失点も
ミスからやられちゃったそうです。ボール支配率は40%、枠内シュート3本…むむ〜。
乾監督も「結果以外には内容がなかった」と、とほほなコメント(泣)
徳永ユーヘイも「チームとしてやれないことが多かった」…どうした!今さら緊張!?

でもでも、ツーロン唯一の得点者でもあるジュンゴ@藤本淳吾が、冷静に決めてくれました〜。
44分、池上くんからのクリア気味なロングパスで抜け出し、
「キーパーが前に来ていたのが見えたので、しっかり狙って」(@ジュンゴ)技ありループ!
54分のゴールはディフェンスラインぎりぎりから飛び出してゲット!
「彼のような学生レベルと違う瞬間的な集中力は頼もしい」と言うのは、きっとみんなの
気持ちを代弁した監督のコメント。うう〜。やっぱりジュンゴだーーー!

************************************

グループリーグ第2戦は12日、対戦相手はアイルランド代表。
中盤が機能しなかったという課題を、なんとか克服してもらいたいでっすぅ…
あ、アイルランドは初戦、ロシアに6-1で負けてます!(だから何とは言えないけど)

goods1.jpg
☆こんなキャラクターグッズ、売ってま〜す。

GBR-IRI.jpg
☆衝撃的な「イギリス代表」のユニ!
 ロンドン五輪で復活が噂される「フットボール・イギリス代表」も、こういうことに…?


女子は3-0でチェコに勝ちましたよぅ!!!
posted by ラン☆カン at 07:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 大学生にも注目してみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。